エース・フレーリーが、4月にリリースするカバー・アルバム『Origins Vol.1(オリジンズVOL.1)』で元バンド・メイト、キッスのポール・スタンレーとコラボした。仲が悪いと思われがちな2人だが、フレーリーいわく、「俺らはいつだって友達だ」そう。

◆エース・フレーリー画像

彼は『Rolling Stone』誌のインタビューで、「メディアはネガティブなとこを誇張しているようだ。そのほうが、売れるんだろうよ」と話した。

スタンレーとはフレーリーが70年代からカバーしたいと思っていたフリーの「Fire And Water」(1970年)でコラボした。バンドとレコーディングしたバッキング・トラックをスタンレーへ送ったところ、スタンレーはすぐにヴォーカルを入れ送り返してきたという。

「ここでのポールのヴォーカルは素晴らしいと思う。彼はこのチャンスに飛びついたんだ。キッスとは違う、キッスでの彼のキャラクターとはべつものだからね。彼にとって、ほら、歌うチャンスだった。ポールは、たいてい、高めの声域で歌っていると思うだろ。でも「Fire And Water」では横隔膜からの低い声で歌っている。本当にクールな声だよ」

クリームやザ・ローリング・ストーンズ、ジミ・ヘンドリックスなどフレーリーに影響を与えてきたアーティストの曲をカバーしたこのアルバムに対して、彼は「すべてにワクワクしている」そうで、「多分、どこかで第2弾をやるだろう」と話した。

エース・フレーリー『オリジンズVOL.1』は4月15日にリリースされる。

Ako Suzuki