「Uptown Funk」で最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)を受賞したマーク・ロンソンからコメントが到着した。

   ◆   ◆   ◆

この曲はスタジオでジャムってたある瞬間に出来たものなんだ。ブルーノはじめ、みんなリスペクトしあって一緒に作業したんだ。ただ、録った後の作業は7ヶ月くらいかかってタイヘンだったな。いくつものヴァージョンがあったし、それぞれが別々のスケジュールで忙しかったから。これらのクレイジーなことが何度も起こって、ボクの髪が抜けてったよ。でも、その後この曲がリリースされた時はなんともいえない幸福感だったな。ホンモノのミュージシャン達が、ホントの人間達が楽器を演奏したんだよ。実際に出来上がるまではどうなるかなんてわからないけど、いろんな意見交換もあって、でも最後には自信作となったよ。感じるままに演奏して、自信を持って作れたからね。

エイミー・ワインハウスとの比較だって?う~ん、エイミーはとてもパーソナルだし、歌が中心だしね、今回のとは違うな。でも、どちらも同等に誇れる作品だよ。

このままミュージシャンとして進むかって?演奏していろんな人達からいろんなことを学んだよ。でも、またプロデュース中心の仕事に戻るだろうね。今日の受賞者について?なんてったって、ケンドリック・ラマーのアルバムがボクのお気に入りさ。

   ◆   ◆   ◆


エイミー・ワインハウスの名作「リハブ」プロデュースで一躍脚光を集め、2008年グラミー賞では最優秀プロデューサー賞を受賞したマーク・ロンソンは、2ndアルバム『アンオーソドックス・ジュークボックス』で第56回グラミー賞「最優秀男性ポップ・ヴォーカル・アルバム」を受賞したブルーノ・マーズの「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」をプロデュースしている。

<WOWOWオンエア情報>

「生中継!第58回グラミー賞授賞式」 ※生中継 ※二ヵ国語(同時通訳)
2016年2月16日(火)午前 9:00 WOWOWプライム
同日夜は、字幕版でリピート放送
★「第58回グラミー賞授賞式」※字幕
2016年2月16日(火)よる 10:00 WOWOWライブ

◆WOWOWグラミー特集
◆WOWOW×BARKS2014年グラミー特集チャンネル