<ビクターロック祭り~2016~>が、2016年2月14日に幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催された。オフィシャルから届いたレポートで、この模様をお伝えしよう。

2015年に続き3回目の開催となる今回は、メインステージであるBARK STAGE、サブステージとなるROAR STAGEの2ステージ制と規模を拡大しての開催となった。また2016年は2月14日“バレンタインデー”に開催ということもあり、場内にはえんむすび神社が出現するなどこの日ならではの演出に加え、今年も巨大なニッパー(ビクターの犬)が登場するなどイベント随所に会場を盛り上げる仕掛けが組み込まれた。

THE BAWDIES、サンボマスター、THE BACK HORN、Dragon Ash、レキシ、くるり、サカナクションという、ロックシーンを象徴するアーティストに加えて、Gacharic Spin、Awesome City Club、藤原さくら、go!go!vanillas、DJやついいちろう、SAKANAMONという、次世代のビクターのJ-ROCKを担う期待の新星たちを含めた全14アーティストが出演。さらに今年で2回目となるDJダイノジの出演や、<ビクターロック祭り>への出演をかけた「ワン!チャン!!」オーディションでグランプリに輝いたヤバイTシャツ屋さん、kikiの出演などイベントに花を添えた。


2016年ビクターロック祭りのトップバッターを務めたのは、THE BAWDIES。4人が登場すると待ち焦がれた観客からの力強い歓声が会場を包む。そして、スタートした1曲目「IT'S TOO LATE」。躍動する熱いビートに誘われ、フロア全体にダンスの輪が一気に広がる。2曲目「SING YOUR SONG」では、「一緒に歌ってもらっていいですか?」とROYが呼びかけると、巻き起こった特大のシンガロング。誰も彼もがTHE BAWDIESのロックンロールの虜となっていた。観客の明るい歌声も加わり、とびっきりの一体感が生まれたライブとなった。


続いてBARK STAGEに登場したのは、サンボマスター。一昨年の<ビクターロック祭り>に出演、「安月給!」コールを巻き起こし幕張メッセを爆笑と興奮で埋めた山口(Vo)は、「みなさんも安月給、僕らも安月給、ビクターも安月給、でも行きたいところがあるわけなのよ近藤くん!」 と、「私をライブに連れてって」でスタート。暴風雨のようなバンド・サウンドでフロアの温度を上げる。「できっこないを やらなくちゃ」では今日何度目かのジャンプの海を出現させ、最後は「一緒に生きてくれよ!」と呼びかけながら「可能性」で感動的に閉めた。いついかなるところでも熱狂を巻き起こさなかったことなど一度たりともないサンボの真骨頂を見せたステージだった。なお「安月給!」コールは、「できっこないを やらなくちゃ」あたりまで連呼され続けた。


真っ青な照明に包まれて登場したのはTHE BACK HORN。山田(Vo)が一発雄叫びをあげたあとの1曲目は「その先へ」。熱い歌声とともに分厚い重低音が轟くと、フロアからは力強く拳が上がっていく。ライヴで披露される度に歓喜の声を巻き起こす名バラード「美しい名前」の後のMCでは、松田(Dr)がメジャーデビューからの15年をともにしてきたビクターのことを「一人しか彼女を知らないまま結婚したようなもの」と喩え、オーディエンスに対しては「生と死とか、希望と絶望とか、俺らは一貫して『生きる』という奇跡みたいな大切さを歌ってきたと思います。これからも悲しみに打ち勝つための曲を作っていきます」とまっすぐに語った。ラストの一曲まで、演奏の熱量がそのまま真っ赤な血に変わっていくかのような渾身のステージを今日も見せた。