Kiroroが、2月15日に浜離宮朝日ホールで行なわれたコンサート<Premium meets Premium 2016>にて、3月12日公開のディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』日本版エンドソング「Best Friend ~Mother Earth Version~」を初歌唱した。

会場の浜離宮朝日ホールは2008年、Kiroroデビュー10周年記念でのコンサート以来、約8年振りのステージ。Kiroroのコンサート恒例の“ご当地の事をアドリブで歌う”オープニングナンバーでは「8年振りの思い出の~」と歌い、550人満員の観客の拍手を浴びてコンサートはスタートした。


序盤は名曲「長い間」の後に中島みゆき「糸」のカバーや、玉城千春ソロ作品の「神様」を披露しつつ、Kiroroお馴染みの代表曲と合わせて楽しめる構成で展開。中盤では金城綾乃コーナーとして、ひとりピアノ弾き語りスタイルで「キミといっしょに」「おばあちゃん」を披露、その後玉城が再登場して終盤へ。3月9日リリースの“子供といっしょに”をテーマに選曲したコンセプトベストアルバム『子供とききたいキロロのうた』に収録される「生きてこそ」「幸せの種」に加えて、「自分の子供に明日もきっといい日になるよ、という想いを歌にしました」とMCし、新曲「おやすみのうた」もいち早く披露した。


そして2015年、HY仲宗根泉とのユニットで“さんご”の「いのちのリレー」のKiroroヴァージョン、さらに本編ラストは名曲「未来へ」を熱唱して終了した。

アンコールの1曲目は、「子供が生まれてからこの曲を歌う度に涙が出ます」と、AI「Story」のカバーをKiroroアレンジで披露。そして、「お待たせいたしました、今日は初めて新たにレコーディングしたヴァージョンで『Best Friend』を歌わせてもらいます。」と語り掛けた後に、映画『アーロと少年』の情景に合わせたストリングスアレンジで、15年振りに新たにレコーディングした新バージョン「Best Friend ~Mother Earth Version~」を、会場を埋めた観客の前で初歌唱、大きな拍手の中でコンサートは終了した。

関連画像・リンク

◆BARKSライブレポート