ポール・マッカートニーを門前払いしたことで、一躍時の人となってしまったタイガが、アメリカのトーク番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演。ポールが外にいることを知っていたら、マイクを持って出迎えたと話した。

◆ポール・マッカートニー画像

タイガは、彼がパフォーマンスしていたパーティーで、ポール・マッカートニー、ベック、フー・ファイターズのテイラー・ホーキンスがドアマンから入場を断られたことを知ってすぐ、「なんで俺が@PaulMcCartneyを断るんだ。彼はレジェンドだ」「俺が入場を管理しているわけじゃない。サー・ポールが来たなんて知らなかった」とツィートしていた。

『Jimmy Kimmel Live!』に出演した彼は、「山のようなテキスト(・メッセージ)とTMZ(のニュース)で目が覚めた。クレイジーだった」と言い、再度、「まったく知らなかった。俺は中でパフォーマンスしていたから」と説明。「彼が外にいること知っていたらって思うよ。マイク持って行って、彼を中に入れた。で、「Rack City」を一緒にパフォーマンスした」と話し、「2月26日にLAで公演があるんだ。ポール、これを見ていたら、是非、あなたに来てほしい。俺が個人的に出迎えるから」と続けた。

パーティーは彼が主催したわけではなく(パフォーマンスしただけで)、ゲスト・リストには関与していなかったそうだ。

ポール・マッカートニーは入場を断られた際、「どうやったらVIPになれるんだ? もっとヒットが必要なのか」と、皮肉交じりの冗談で切り返していた。



Ako Suzuki