サミー・ヘイガーは先月、10年以上口をきいていないと言われるエドワード・ヴァン・ヘイレンの誕生日に「ハッピー・バースデー、エディ」とツィートし、ファンを驚かせたが、これは気まぐれではなく、デヴィッド・ボウイやグレン・フライなど度重なるレジェンドの訃報に考えさせられ取った行動だったという。

◆サミー・ヘイガー画像

ヘイガーは『Classic Rock Report』のインタビューでこう話した。「あれには、考えさせられるよ。エディ・ヴァン・ヘイレンとの関係やずっと不快に思っていたこととかさ。“こういう後悔とか嫌なヴァイブを持ちながら墓に入りたくない”って考えさせられた」

「誰とでも友人になり、“よう、水に流そうぜ”って言いたいって思った。一緒にバンドやってなくても、友達でいようぜってさ。俺にはもう敵はいない。敵を持ちながら、墓に入りたくないだろ。(レジェンドたちの死は)俺にそう思わせた。目が覚めたよ」

ヘイガーはエディの61歳の誕生日だった1月26日、昔の2人の写真と共に「ハッピー・バースデー、エディ。元気なことを願ってるよ。#5150time #BestOfBothWorlds」とつぶやき、エディは「ありがとう、サミー。君も元気だといいな」と返していた。

Happy Birthday Eddie - hope you’re doing good.#5150time #bestofbothworlds

Posted by Sammy Hagar (The Red Rocker) on 2016年1月26日


Ako Suzuki