いままで無かったとは驚きだが、今月終わり、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムに、作曲家エンニオ・モリコーネの星が誕生する。

◆エンニオ・モリコーネ画像

2月26日に開かれる除幕式には、クエンティン・タランティーノ監督、ミラマックスの設立者ハーヴェイ・ワインスタインらが出席するという。モリコーネも、その数日前に開かれるアカデミー賞に出席する予定で、除幕式にも姿を見せるのではないかと期待されている。

500曲近くを作曲してきた映画音楽の巨匠は、これまで『天国の日々』(1979年)、『ミッション』(1987年)、『アンタッチャブル』(1988年)、『バグジー』(1992年)、『マレーナ』(2001年)、そして今年『ヘイトフル・エイト』で計6回、アカデミー賞にノミネートされている。2007年には名誉賞が贈られた。

アカデミー賞は獲っていなくとも、『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』『狼の挽歌』『真昼の死闘』『華麗なる相続人』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』など名曲は数えきれない。

87歳と高齢ではあるが、コンサート活動も続けており、火曜日(2月16日)にはロンドンのO2アリーナで指揮を執った。

『ヘイトフル・エイト』はアカデミー賞の前哨戦といわれるゴールデン・グローブ賞で作曲賞を受賞しており、アカデミー受賞、星の誕生とダブルでお祝いしたいところだ。



Ako Suzuki