ディープ・パープルとしてロックの殿堂入りが決まったリッチー・ブラックモアだが、4月に開かれるセレモニーには出席しないそうだ。そうなるだろうとは予測されていたが、意外なことに、本人が下した決断ではなかった。バンドのマネージャーから拒否されたそうだ。

◆リッチー・ブラックモア画像

リッチーのFacebookに以下のような声明が出た。「リッチーはロックの殿堂入りすることを光栄に思っていました。彼は、ロック・ホール・オブ・フェイムの会長から連絡があるまで、出席できるかどうか検討していました。(しかし)会長によると、現ディープ・パープル・ツアー・バンドのマネージメント、ブルース・ペインが“ノー”と言ったそうです..........!!!!! 故に、リッチーはセレモニーに出席しません。彼は、彼に投票してくれたファンとその支援に心から感謝しております」

リッチーはこの夏、ディープ・パープルやレインボーの曲をプレイするロック公演を行なう。しばらくそれらと距離を置いていた彼が、ようやく過去を振り返るようになった時期だけに、これは悔やまれる。

メンバー・チェンジを繰り返してきたディープ・パープルは、殿堂入りするのは、現メンバーのイアン・ギラン、ロジャー・グローヴァー、イアン・ペイス、故ジョン・ロード、それに元メンバーのリッチー・ブラックモア、デイヴィッド・カヴァデール、ロッド・エヴァンズ、グレン・ヒューズの8名だと伝えられている。

イアン・ギランは、現メンバーのスティーヴ・モーズとドン・エイリーが除外されたこのラインナップに強い不満を抱いていることを表明し、彼自身、セレモニーに出席しないとほのめかしていた。

現在のところ、誰が出席し、パフォーマンスは行なわれるのか、不明。ロックの殿堂入りのセレモニーは4月8日に開催される。

Rock and Roll Hall of Fame updateRitchie was honored by the offer of induction to the Rock and Roll Hall of Fame. He...

Posted by Ritchie Blackmore Official Site on 2016年2月18日


Ako Suzuki