今週の全英アルバム・チャートは、サウンドの問題はあったものの、歌声は素晴らしかったグラミーでのパフォーマンス効果か、アデルの『25』が先週の2位から再浮上、1位に輝いた。

◆アデル画像

先月、デヴィッド・ボウイにトップの座を譲った『25』が1位を獲得するのは5週間ぶり。これで非連続8週目の全英No.1となる。

2位にはデヴィッド・ボウイの『Best Of Bowie』が先週の3位から、3位にはジャスティン・ビーバーの『Purpose』が4位からそれぞれ1ランク再浮上。4位には、ローナン・キーティングの3年半ぶりのニュー・アルバム『Time Of My Life』が初登場し、先週、スーパーボウルでのパフォーマンスが話題となり1位を獲得したコールドプレイの『A Head Of Full Dreams』は5位に後退した。

シングル・チャートは先週に続き、デンマークのポップ・バンド、ルーカス・グラハムの「7 Years」が2週連続でトップを飾った。ゼインの「Pillowtalk」も変わらず2位をキープし、3位には、ドレイクをフィーチャーしたリアーナの「Work」が4位から1ランク・アップした。

今週新たにトップ10入りしたのは、スウェーデン出身の女性シンガーZara Larssonの「Lush Life」(16位→9位)の1曲だけだった。

Ako Suzuki