2月20日(現地時間)、Kalafinaが1,800人のキャパシティを持つメキシコシティーのライブホール・El Plaza Condesaにて、自身初のメキシコ単独公演を開催した。

◆Kalafina 画像

冒頭のMCで、Wakanaは日本語で『私たちのライブを最後まで楽しんで下さい。」と挨拶。Keikoは英語で「今夜のライブを一緒に楽しみましょう!」と話しかけ、Hikaruはスペイン語で「初めてKalafinaを見た人?」「アニメの好きな人??」などと質問すると会場からは大歓声が上がり、ほとんどの観客たちが大きく手を挙げた。海外公演の場合、現地の言葉だけではなく、Kalafinaの母国語である日本語でMCを進めることが、実は各国のファンたちにとっては非常に喜ばれるということを熟知している彼女たち。こういったファンへの細かい気遣いは、まさに今までの世界での活動で得た賜物だろう。

ライブ本編では、最新アルバム『far on the water』収録曲をはじめ、「to the beginning」「君の銀の庭」など全21曲を披露。メディアを介してしかKalafinaを見る機会がなかった大勢のファンたちは、メンバーを目前に熱狂しその歌声に酔いしれた。終演後にはVIPチケット購入者限定でサイン会を実施し、本番終了直後のメンバーは現地のファンと接して交流を深めたそうだ。


また、本公演の前日には現地のテレビ番組 MVS Multivision『NuMusic』への生出演やラジオ番組収録、約30のメディアからの取材など、メキシコにおいて初のプロモーション活動も行なわれた。さらに、今回のライブに向けて最新アルバムのメキシコでの現地製造盤も発売されており、これまでの作品も含めKalafinaのCDリリースの実績は世界16ヶ国、配信リリースは53ヶ国に及んでいる。

なお、Kalafinaは3月に谷村新司×Kalafina名義でのコラボシングルを発表、4月からは弦カルテットとピアノのみのアコースティック編成ライブ<Kalafina with Strings>を札幌・仙台・東京で実施。さらに、5月には自身の海外ライブ史上最大規模の上海単独公演、9月に日本武道館2デイズを含む初のアリーナ公演が決定している。


セットリスト

1.into~Magia
2.obbligato
3.identify
-MC-
4.ARIA
5.oblivious
6.五月の魔法
-MC-
7.満天
8.to the beginning
9.ひかりふる
10.君の銀の庭
11.misterioso
-MC-
12.One Light
13.believe
14.destination unknown
15.Kyrie
16.音楽
-MC-
17.アレルヤ
-Encore-
1.overture~heavenly blue
2.sprinter
-MC-
3.ring your bell
4.far on the water

ライブ情報

<“Kalafina with Strings” Spring Premium LIVE 2016>
2016年4月17日(日)北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
2016年4月24日(日)宮城・仙台電力ホール
2016年4月29日(金・祝)東京・NHKホール
※弦カルテットとピアノによるアコースティックライブ

<上海之春国際音楽祭「Kalafina LIVE 2016 “far on the water” in Shanghai」>
2016年5月10日(火)中国・上海文化廣場

<Kalafina Arena LIVE 2016(仮)>
2016年9月10日(土)・11日(日)神戸・ワールド記念ホール(神戸ポートアイランドホール)
2016年9月16日(金)・17日(土)東京・日本武道館