E-girlsの顔として活躍するDream Amiが、ディズニー映画最新作『ズートピア』(4月23日公開)の日本版主題歌を担当する事が決定。さらに本映画で『ズートピア』のスーパースター“ガゼル役”の声優にも挑戦することを発表した。

「キャラクターの一人一人がとても可愛く魅力的なので、一気にファンになりました。ヒロインのウサギのジュディが困難を乗り越え、夢を叶えていく姿にはとても共感でき、改めて自信を持つ事の大切さや、夢に向かって突き進む勇気を持つ大切さを教えてもらいました。」── Dream Ami

4月23日より全国ロードショーで公開されるディズニー最新作『ズートピア』。本映画の製作総指揮は、ディズニー作品のヒットメーカー、ジョン・ラセター。監督は『塔の上のラプンツェル』を手掛けたバイロン・ハワードと『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーア。

“ズートピア”は、動物たちがハイテクな文明社会で暮らす世界。そんな、誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れる。そこに、立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見る主人公ウサギのジュディ。人参作りに従事するのが“ウサギの人生”とされているズートピアで、夢を忘れたサギ師のニックを相棒に、彼女は奇跡を起こすのだろうか ── 。

そんな本作の主題歌「トライ・エヴリシング」は、ヒロインのジュディが立派な警察官になるという夢を叶えるため“誰もが夢を叶えられる大都会・ズートピア”へと旅立つ、重要なシーンで流れている曲で、自分自身を励ますようにイヤホンで聴いている姿が印象的な楽曲。「失敗したって、何度でも頑張るわ!」というジュディの前向きなメッセージを歌詞に込めた、夢を叶えたい人に贈る応援ソングでもある。


「このような大役をいただけるとは想像もしていなかったので、夢のような感覚です。多くの方がそうであるように、私も小さい頃からディズニー映画に魅了され続けてきた 1 人ですので、突然夢が叶いとても嬉しく、幸せに感じております。ご期待に沿えるよう、そして、映画『ズートピア』を盛り上げられるよう全力で臨ませていただきます。」── Dream Ami

また、本映画プロデューサーを務めるクラーク・スペンサーは「この曲のポジティヴなメッセージを見事に捉え、感情たっぷりに歌い上げていて、本当に素晴らしいですね。ノリのいいポップソングではありますが、アーティストはそこに込められた想いやメッセージをきちんと心で感じ取って歌う必要があります。彼女の歌声からは、それがしっかりと伝わって来ます。」と称賛している。

さらに、本作でミュージック・スーパーバイザーを務めたトム・マクドゥ―ガルは、Dream Amiについて「日本語バージョンを作るにあたり、Dream Ami の歌をいくつか聴かせてもらったのですが、一発で気に入りました。もともと J-Pop が大好きなんですが、彼女はこの曲を歌うのにピッタリのアーティストですし、まさしく完璧なチョイスだと思いますよ。」と、起用の経緯を明かし、彼女の歌を大絶賛している。