リッチー・ブラックモアがこの夏、リッチー・ブラックモアズ・レインボー名義でロック公演を開くが、それが決まる前、レインボーのリユニオンも検討されていたそうだ。

◆ジョー・リン・ターナー画像

元レインボーのシンガー、ジョー・リン・ターナーは、ギリシャの音楽誌『Rock Overdose』のインタビューでこう明かした。

「何があったか教えよう。1年以上、俺は(リッチーの)マネージメントと話をしていた。俺ら、レインボーの真のリユニオンというビッグな計画を立てたかったんだ。真っていうのは、ドゥギー(・ホワイト)やグラハム(・ボネット)といった元メンバーと、昔の曲をって意味だ。みんな歌い、みんなプレイするってやつだよ。これこそが、ファンが観るに値する。いまリッチーがやろうとしているものじゃない。あれは、カバー・バンドだと俺は思うね」

「俺は、そういう状況じゃなきゃ関与したくなかった。だから、彼がこれを撤回したとき、俺は手を引いたんだ。だって、俺にしてみれば…、なんて言ったらいいんだ…。安っぽいって思ったんだよ。ファンが観るに値しない」

ターナーは2014年夏、レインボー再結成の可能性はあると話し、2015年春には「リッチーは、ロックしたがっている。俺ら、秋に集まるつもりだ。リッチーは本当に、本当にロックする準備ができている」とコメントし、この計画にはジミー・ベインとボブ・ディズリーも関与する予定だと明かしていた。

リッチーがどういう理由でレインボーの再結成を中止したのかは不明だが、彼はこの夏、ローズ・オブ・ブラックのシンガーロニー・ロメロ、ストラトヴァリウスのキーボード・プレイヤー、イェンス・ヨハンソン、ブラックモアズ・ナイトのドラマーDavid KeithとベーシストBob Nouveauとレインボー、ディープ・パープルの曲をプレイする。

Ako Suzuki