ジョー・ウルッシュとバッド・カンパニーが5月、北米で共ヘッドライン・ツアー<One Hell Of A Night>を行なうことを発表した。

◆<One Hell Of A Night画像

バッド・カンパニーのフロントマン、ポール・ロジャースはこうコメントしている。「僕はずっと、彼と一緒になにかできないかって思っていたんだ。30年経ってようやくツアーをやることになった。これだけ時間がかかるんだから、僕だったらこのチャンスは逃さない。それとも、君たち、また30年待ちたいかい? 僕らの次のツアーは2046年になるよ!!! ジョー・ウォルシュは唯一無二だ。彼はユニークな人物で、ものすごく才能があるシンガー、ソングライター、ミュージシャンだ」

ウォルシュは「僕は、ポールはもちろん、バンドをとてもリスペクトしている。僕ら、すごく気が合うんだ。ポールと僕は、オーディエンスのみんなが忘れられない、そして僕らにとっても忘れられない、素晴らしい音楽の一夜にしようって同意した」と話している。

<One Hell Of A Night>ツアーは5月12日に米ダラスでスタート。7月3日まで25公演が開かれる。

Ako Suzuki