デビュー5年目を迎え、8月22日と23日には単独コンサート第2弾が初の2daysで行なわれることが決定している男性3人組新世代歌謡グループ“はやぶさ”が、3月5日、東京・足立区のアリオ西新井店イベントスペースにて新曲「エボレボ!」発売記念イベントを開催。熱烈なファンや買い物客など500人が詰めかけた。

同曲は3月2日に発売された第6弾シングルで、ヒャダインがサウンドプロデュースを担当。現在放送中のテレビ東京系アニメ『デュエル・マスターズVSR』オープニングテーマにも起用されており、これまでの演歌・歌謡曲ファンに加えて、アニメを見た子供達にも人気が広がってきている。

イベントでは、まず前作シングル「月あかりのタンゴ」を歌った後、ヤマトが「今日は一生懸命歌って踊らせていただきますので、皆さんも一緒に楽しんでいただきたいと思います。」、ショウヤが「今日は楽しんでいただけるように一生懸命頑張ります。」、ヒカルが「デビュー5年目を迎えさせていただき、今日は6枚目の新曲イベントをこうして開催させていただけてとても幸せです。その気持ちを歌に込めて元気いっぱい歌わせていただきます。」と挨拶。

続いて新曲のカップリング曲「ゴーゴー! YOKOHAMA」を披露し、その曲が4月23日から放送開始されるtvkのTVドラマ『横浜見聞録スター☆ジャンEpisode:2』(毎週土曜9:15~9:30)のエンディング曲に決定したことを告知する。

その後、TVアニメ『デュエル・マスターズVSR』に登場する「デュエマーランド」のマスコットキャラクター“デュエマウス”がステージに登場。メンバー3人が客席に向かって呼びかけて7人のちびっ子をステージに上げ、客席を交えて「エボレボ!」振付練習した後、ちびっ子たちと一緒に踊りながら同曲の全3曲を熱唱した。

最後に「エボレボ!」が、4月からスタートするTVアニメ『デュエル・マスターズ』の新シリーズのオープニングテーマにも起用されることがメンバーにもサプライズで発表され、初めて聞かされた3人は飛び上がりながら喜び合った。

新曲についてヤマトは「初めてヒャダインさんにサウンドプロデュースを手がけていただきまして、とても軽快で、ロックな曲調で、でも歌い方は演歌。(演歌・歌謡曲ファンの)皆さんにも聴きなじみのいい初めてのアニソンです。『デュエル・マスターズ』を通じてはやぶさを知っていただきたいなと思います」、ヒカルは「いままで演歌・歌謡曲しか歌ったことがなかったのですが、自分が思うように歌わせていただけました。歌詞にも共感できることがいっぱいありますし、歌っている自分もこの歌詞に元気と勇気をもらい、歌っていてすごく楽しいです」、ショウヤは「この曲をきっかけに、小さなお子さまからご年配の方まで、幅広い方々にはやぶさを応援していただきたい」と話していた。

また、新曲と同じヒャダインこと前山田健一が「NHKみんなのうた」に書き下ろし、はやぶさが歌う「りふじんじん」の放送が4月から5月に決定している。

なお、はやぶさ公式Twitterでは今年12月11日までにフォロワーを1万人にすべく挑戦中だ( #はやぶさフォロワー1万人計画 )。



TM and c2016, Wizards of the Coast, Shogakukan, Mitsui/Kids, ShoPro, TV TOKYO

関連画像・リンク

◆BARKS アニメ・ゲーム