3月13日、新宿ステーションスクエアにて開催されたSUPER☆GiRLSのイベントにて、初期メンバーとしてグループを支えてきた勝田梨乃と荒井玲良が卒業を発表した。

◆SUPER☆GiRLS 新宿ステーションスクエアでのイベント 画像

2015年夏頃から卒業について考えていたというふたり。イベント序盤、リーダーの志村理佳から勝田と荒井の卒業が告げられると、会場のファンは絶句。勝田は「約6年間、みなさんの応援があったから、ここまで頑張ってくることができました。スパガで経験してきたことを糧に自分の夢に向かって挑戦し続けたいと思います。スパガでいられる日数は、あと104日となりました。日数で見ると、とても短く感じますが、一日一日を大切にし、スパガのメンバーみんなと、ファンの皆様と楽しい思い出をたくさん作っていきたいです。」と、荒井も「応援してくださったファンのみなさんのお陰で、私も、(夢に向かって)踏み出す勇気を持てました。この11人のメンバーで胸を張って、みなさんとライブを楽しみたいと思っています。ちょっと寂しくはなってしまうんですが、これからも前向きに夢に向かって頑張っていきたいと思います。」と、それぞれコメントした。


卒業について、あらかじめ相談・報告を受けていたリーダーの志村理佳。彼女は、最初は驚いたものの、ふたりの夢を「一番に応援しなきゃ」と、その決断を受け入れたと報道陣に語っている。

卒業後の進路について、勝田は、キャスターなどスポーツに関わる仕事を行なっていきたいという夢に向けて、英語を含めた語学、そして専門知識を勉強するとのこと。一方の荒井は、SUPER☆GiRLSで衣装デザインを担当し、またモデルの経験から、卒業後はファッションに関わることをしていきたいと語っている。

ふたりの卒業公演となるのは、6月25日にTOKYO DOME CITY HALLにて開催される<iDOL Street Carnival 2016 6th Anniversary ~RE:Я|LOAD~>。本公演は、Cheeky Paradeの山本真凜・鈴木真梨耶、GEMの武田舞彩のLA留学前ラストステージでもある。

SUPER☆GiRLSはこの日、リリースされたばかりのアルバム『SUPER★CASTLE』に収録されている「華麗なるV!CTORY」など全3曲を歌唱した。


ところで、勝田と荒井の卒業発表を、ステージ上、ふたりから少し離れた位置で聞いていた浅川梨奈。誰よりもスパガに憧れて、スパガのファンからメンバー入りした彼女は、この日、いつもより、そして誰よりも瞳を潤ませていた。

ま、もっとも、本人は“今日は花粉症が酷かった”なんて主張をするかもしれない。

卒業発表に披露された「女子力←パラダイス」の曲中に、そんな浅川のほうを向いて微笑みかける勝田の姿が印象的でもあった。

text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)