話題のアイドルの生い立ちと赤裸々な思いをパーソナルで追ったロングインタビュー本『IDOL AND READ』の第6弾が3月18日に発売される。

◆『IDOL AND READ』画像

表紙巻頭は、昨年代々木体育館2デイズを成功させ、結成当初からの目標だった世界ツアーも実行したでんぱ組.incの最上もがだ。同誌にはこれまで毎号、パーソナルで5人が表紙もしくは裏表紙を飾ってきているが、いよいよその最後を飾るでんぱ組.incメンバー全員コンプリート号となるもの。アイドルとしてはそれまで珍しかった金髪や、アイドルらしからぬ歯に衣着せぬ言動などから「金色の異端児」と言われる彼女。家族のこと、幼少期のこと、学生時代のことなどの生い立ちはもちろん、ある意味、家庭の事情からとも言えるでんぱ組.inc加入の経緯、金髪にした理由、自分のことを「ぼく」と呼ぶ理由など彼女のベーシックを知れる話、さらには意識の高い彼女は現状のでんぱ組.inc対してどう思っているかなどを赤裸々に話している。彼女のストイックさが垣間見える2万字ロングインタビューだ。

また、毎回アイドルが私服を披露するグラビアも『IDOL AND READ』の魅力だが、今回の最上もがは、今大好きだというFear,and Loathing in Las VegasのTシャツ+パーカという出で立ちで原宿をストリートロケしており、いつもとはひと味違う彼女のナチュラルな表情が楽しめる。

裏表紙は、昨年3月の結成以来怒濤のサクセスストーリーを歩んでいるBiSHのアイナ・ジ・エンドが飾っている。幼少期に激しいいじめを受けていたり、夢を持って上京したもののホームレス同然の暮らしをしたことがあったりと、これまで壮絶な半生を送ってきたことはいろんなメディアで語られてきているが、ここではそれと表裏一体のところにある、彼女のどこまでもピュアな心や、愛情に満ちあふれた環境が浮き彫りになっている。THEENDER(アイナファンのこと)必読の、決定版2万字生い立ちインタビューだ。14階のビルの屋上からダイブするかのようなスリリングな写真や、BiSHとしても初のヌード写真となった“毛ブラ”写真も話題必至の撮りおろしものである。

さらに、SUPER☆GiRLSのオリジナルメンバー前島亜美、日本ツインテール協会がプロデュースするdropの大場はるか、怒濤のライブツアー中のアップアップガールズ(仮)の佐保明梨、バンドじゃないもん!の望月みゆから、大阪発の激情ラウド系PassCodeの南菜生まで、総勢12人がパーソナルで登場し、生い立ちインタビューと完全撮り下ろしグラビアを掲載、1人1人の魅力をあますことなく伝えた一冊になっている。




『IDOL AND READ 006』

最上もが/でんぱ組.inc
アイナ・ジ・エンド/BiSH
前島亜美/SUPER☆GiRLS
大場はるか/drop
佐保明梨/アップアップガールズ(仮)
望月みゆ/バンドじゃないもん!
双葉 苗/妄想キャリブレーション
奥村真友里/ひめキュンフルーツ缶
カミヤサキ/POP
しふぉん/ゆるめるモ!
仮眠玲菜/BELLRING少女ハート
南 菜生/PassCode