3月14日、演歌歌手としてソロデビューしてから2016年で5年目を迎えたAKB48の岩佐美咲が、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を開催。同公演をもって約7年間在籍したAKB48から卒業した。

◆岩佐美咲 画像

会場には約250人の熱狂的ファンが詰めかけ、岩佐が「今日は、私の卒業公演です。皆さんにぜひ盛り上がっていただいて、アイドルとしての私をしっかり見納めていただければなと思います。私も悔いがないように最後までメンバーと一緒に精いっぱい楽しんでいきたいと思いますので、ぜひ楽しんでいってください」と挨拶。楽曲の合間ではメンバー一人ひとりが岩佐との思い出話を披露、先輩の宮崎美穂からは手紙、同期の前田亜美からビデオメッセージが届くなどして、卒業を祝福した。


終盤は、岩佐の演歌ソロデビュー曲「無人駅」、同期メンバー・鈴木まりやと佐藤すみれと3人で「Seventeen」、そしてメンバー全員で「タンポポの決心」を歌い、最後に岩佐が「AKB48に入って夢をたくさん見させてもらったと思います。7期の中で私が一番だめだめで、何もない私を見つけてくれた皆さんに本当に『ありがとう』と言いたいですし、せっかくこうして出会えたので、これからも一緒に夢を見てもらえたらうれしいなと思います。これから歌手としてもっともっと大成したいなと思いますし、歌のお仕事もファンの皆さんの応援があってこそですので、これからも皆さんのお力を借りながら皆さんの癒やしになるような歌を歌っていきたいです。今日は悔いの残らない公演になりました」と涙ぐみながらコメント。ファンからは「卒業、おめでとう!」と熱い声援が飛び交うなか、“演歌歌手”として新たな一歩を踏み出し、演歌一本で頑張っていく決意を新たにしていた。

公演終了後、2017年1月29日に第2弾コンサートを浅草公会堂にて開くことを聞かされた岩佐は、そのサプライズに驚きつつも感激の様子を見せた。第2弾コンサートのチケットは、3月20日~27日に先行販売が行なわれ、先行販売の特典として直筆サイン入りのオリジナル応援フラッグがプレゼントされる。なお、第1弾コンサート(2016年1月30日)の模様を収録したBlu-ray&DVD『ファーストコンサート~無人駅から 新たなる出発の刻~』が6月29日に発売となることも決定している。