2016年3月19日、東京・赤坂BLITZにて、人間椅子の<怪談 そして死とエロス~リリース記念ワンマンツアー>が最終夜を迎えた。2月3日リリースの最新アルバム『怪談 そして死とエロス』に伴うこの全国ツアーは、各地で大盛況。この夜も、開演前から凄まじい妖気がソールドアウトの会場を支配していた。

◆ライブ画像(全11枚)

午後6時半を少し回った頃に場内が暗転すると、和嶋慎治(G&Vo)、鈴木研一(B&Vo)、ナカジマノブ(Dr&Vo)の3人が登場。割れんばかりの拍手と歓声に迎えられた彼らが放った1曲目は、「雪女」。その幻想的な美と劇的な展開にオーディエンスはいきなり心を鷲掴みにされる。続けて放たれた「地獄の球宴」のへヴィネスに、場内の一体感は増すばかり。和嶋が情熱的にギターをかき鳴らし、鈴木がド迫力の低音を響かせ、ナカジマが強力なリズムを刻む。人間椅子のあうんの呼吸は今宵も絶品だ。「おかげさまで、大入り満員ですよ!」と叫ぶ和嶋に大喜びで応えるオーディエンス。彼らを長年支持してきたファンはもちろん、近年彼らの音楽に興味を抱くようになった観客も、終始夢中でステージを見つめている。最新作を主軸に据えながらも、「遺言状放送」などのレアな楽曲も飛び出すセットリストに、会場は大いに沸いた。


巧みな演奏力も見どころだが、彼らの和やかなMCは今夜も絶好調。今回のツアーに合わせて和嶋がレスポールを購入したエピソードをきっかけとして、GUNS N’ ROSES「Sweet Child O’ Mine」をさらりと即興で奏でる3人のサービス精神に、オーディエンスは満面の笑みを浮かべていた。観客が拳を突き上げてサビを大合唱する「恐怖の大王」、鈴木がハンドマイクで観客を煽動する「冥土喫茶」、ナカジマが元気いっぱいにヴォーカルをとる「超能力があったなら」など、中盤以降もクライマックスの連続。本編の最後には、「人面瘡」「針の山」といった必殺の名曲が飛び出し、赤坂BLITZは揺れに揺れた。



アンコールでは、和嶋が「60歳になっても、70歳になっても、命のある限りバンドをやり続ける所存であります!」と高らかに宣言。「新調きゅらきゅきゅ節」と「地獄」で畳みかけ、祭りのような熱気がさらに場内を包む。二度目のアンコールにして今宵最後の「なまはげ」の余韻が響き渡る頃には、時計は午後9時前を指していた。ダークかつキャッチーな曲もあれば、ロックマニアが唸るようなプログレッシブな構成の曲もあるのが、人間椅子の醍醐味。ハード・ロック/へヴィ・メタルの楽しさを体現する3人に向けて、いつまでも賞賛の声が鳴りやまないツアーファイナルとなった。

近年、各方面から注目を浴びている人間椅子だが、今後も刺激的なニュースが続々と飛び込んできそうだ。まずは4月17日、東京・EX THEATER ROPPONGIにて、<続・怪談 そして死とエロス>と銘打たれた追加公演の開催が発表されている。このワンマン公演では、今回のツアーで披露されなかった曲やレア曲も登場する模様。この貴重な機会をぜひお見逃しなく。また、6月15日には新宿LOFTにて戸川純とのツーマンライブが、7月には全国ワンマンツアーが予定されているという。勢いを増す一方の人間椅子の活躍に要注目だ。


TEXT BY 志村つくね
PHOTO BY ほりたよしか

セットリスト

1. 雪女
2. 地獄の球宴
3. 眠り男
4. 遺言状放送
5. 三途の川
6. マダム・エドワルダ
7. 恐怖の大王
8. 芳一受難
9. 黒百合日記
10. 冥土喫茶
11. 黒猫
12. 超能力があったなら
13. 人生万歳
14. 人面瘡
15. 針の山
EN-1
16. 新調きゅらきゅきゅ節
17. 地獄
EN-2
18. なまはげ