ポール・マッカートニーが、ザ・ビートルズのバック・カタログの版権を手にするため動き出した。Billboard.comによると、彼は2015年12月、U.S. Copyright Officeに必要な書類を提出したという。

◆ポール・マッカートニー画像

ザ・ビートルズの楽曲はほとんどがマッカートニーとジョン・レノンが作ったにも関わらず、これまで彼らが版権を完全に管理することはままならなかった。彼らはバンド初期、マネージャーのブライアン・エプスタインの薦めにより、ベテランのパブリッシャー、ディック・ジェイムスと音楽出版会社Northern Songsを設立したものの、ジェイムスが優位で2人にとって不利な契約だった。また、ジェイムスは1967年にエプスタインが亡くなった後、マッカートニーとレノンに知らせることなくそれをATV Musicに売却してしまった。

ATVはその後、マイケル・ジャクソンが買収。最近、同社の株50%を所有してきたSonyが、ジャクソンの遺産管理団体から株を買い取り、完全子会社化すると発表していた。

アメリカでは法律(US copyright act of 1976)により、56年経つと作者が曲の権利を取り戻すことができるそうだ。ザ・ビートルズ初期の楽曲は2018年、その対象となる。マッカートニーは主に1962~64年にかけて作った32曲に対し申請したという。

ようやくマッカートニーのもとに版権が戻りそうだが、これはアメリカに限られるそうだ。それ以外の国の版権は引き続きSony/ATVが管理することになるという。

Ako Suzuki