東京スカパラダイスオーケストラが、Hi-STANDARDのギタリストでもありソロでも活躍するKen Yokoyamaを迎えてのコラボシングル「道なき道、反骨の。」を6月22日にリリースすることを発表した。

同曲は、作詞を谷中敦、作曲を川上つよしが担当。さらに6月25日より公開となる綾野剛主演の映画『日本で一番悪い奴ら』の主題歌にも決定している。Hi-STANDARDからソロ活動時を含めて、Ken Yokoyamaが日本語歌詞で歌った楽曲リリースは、オリジナル作品としては今回が初めて。さらに、Ken Yokoyamaが映画主題歌を歌うのも初となる。

「僕らの時代には反骨のヒーローが輝いて見えました。彼らの生き様には社会人として不適切な行動があったとしても、世俗的な時流や不当な権力に対して抗う姿に、閃きや気づき、世の中を新しくしていこうという生命力の輝きを感じたのです。今は反骨精神の時代ではないのかも知れませんが、今回は、敢えて、スカパラと横山健でそれを謳おうと思ったのです。夢を持って時流に反骨し、挫折しながら世の中を学び、仲間の大切さを知る。これは人生に於いてとても大切なプロセスだと思うのです。」── 谷中敦

楽曲で謳われている反骨のヒーローは、映画『日本で一番悪い奴ら』にて綾野が演じる主人公・諸星を想起させ、音楽と映画の見事なコラボが実現している。なお映画のトレーラーでは、一足先に「道なき道、反骨の。」を聴くことができる。



またカップリングには、現在CMで放送されている、さかなクンとのコラボで話題騒然のキリン氷結CMナンバー「Paradise Has No Border」。一度聞いたら忘れられないキラーフレーズがいくつも飛び出す攻めるアップなインストナンバーになっている。

東京スカパラダイスオーケストラは、これまでも奥田民生や甲本ヒロト、最近では尾崎世界観(クリープハイプ)、片平里菜など、さまざまなミュージシャンやバンドとのコラボしてきた。