プリンセス プリンセスが3月26日、東京・豊洲PITで行われたライブ<PRINCESS PRINCESS TOUR 2012-2016 再会 -FOR EVER- “後夜祭”>をもって4年にわたる再結成活動に幕を閉じた。

◆プリンセス プリンセス 画像

東日本大震災復興・復旧支援のため、メンバー間で送られたメールを機に16年ぶりの再結成を果たしたプリンセス プリンセスは、“やるからには同窓会じゃ意味がない” “昔よりいいステージを届けたい”という気持ちで2012年に集結した。現在の生活と久しぶりとなるバンド活動を両立しながら、練習を重ね、2012年1年間限定の活動の結果、約5億1000万円の義援金を集めた。

その後、メンバー間の話し合いによって、東北地方における今後の医療・教育分野への支援を発表、さらにはメンバー5人による“音楽を通しての支援を”という強い希望のもと、仙台市にライブハウス「チームスマイル・仙台PIT」を設立。この背景には震災以降、東北エリアに1000人~1500人規模のライブハウスがなくなってしまったこと、これによってライブを楽しむことが出来なくなっていること、そして多くのミュージシャンもこの規模でのライブ活動が行えなくなっていることがあり、これら状況を打破したいという気持ちがきっかけとなっていたという。

「皆さんの1つ1つのちっちゃな気持ちが、結果、13万人もの人たちがライブに集まってくれて、こんな大きな数になり、目に見える形での、こんなに大きくて素敵な支援を行うことが出来ました! “音楽の力”で東北地方に元気を届け、“音楽の力”で人々に力を届けられる、私たちにとっても最高の形となりました!」とメンバーは語る。

震災から5年を迎えた2016年3月11日、12日、13日に開催された「チームスマイル・仙台PIT」のこけら落とし公演に、プリンセス プリンセスは2年ぶりの再集結を果たした。東北エリア在住者優先となったチケットは即完売、他のエリアでの公演を求めるリクエストも多く寄せられたという。そして開催されたのが、3月26日の豊洲PIT公演<PRINCESS PRINCESS TOUR 2012-2016 再会 -FOR EVER- “後夜祭”>だ。

「2012年からずっとずっと私たちと共に気持を同じくし、賛同・協力してくれた日本中のすべての人たちへの感謝の意を込めてこのステージに立つことを決めました。皆さんの笑顔からパワーを頂いて、私たちもやってよかったなと心から思っています」。会場には3000人もの観客がつめかけ、オープニングの「19 GROWING UP」から大歓声があがる。その後も往年のヒット曲や懐かしのナンバーなどが披露され、場内が熱気に包まれた。

「私たち自身も、素晴らしい、これ以上にない再結成だったなと思っています」「もちろん、皆さんがいてくれての再結成だったけど、今回、私たちの再結成を支えてくれた“音楽” “曲”の大切さも改めて感じました」──岸谷香(Vo)

この夜、全18曲を完全燃焼したライブは、ダブルアンコールの後もフロアの拍手が鳴り止むことがなかった。現役時代を越えたであろうパフォーマンスを届けたステージは、フィナーレを惜しむ声に包まれながら終了。4年に渡る再結成活動のすべてに幕を閉じた。しかしこの後も、プリンセス プリンセスの楽曲は世代を越えて語り継がれていくはずだ。

■岸谷香アルバム『PIECE of BRIGHT』

2016年5月25日(水)発売
SECL-1910 3500円(税込)

◆プリンセスプリンセス オフィシャルサイト
◆プリンセスプリンセス オフィシャルFacebook