GEM 5枚目となるシングル「Fine! ~fly for the future~」と1stアルバム『Girls Entertainment Mixture』のリリースイベント(ミニライブ+握手会、ポストカードお渡し会)が、3月27日の東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて全日程を終了した。

◆GEM 東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ 画像

イベントを観る立場では訪れたことがあるメンバー(平野沙羅と小栗かこ)こそいたものの、ステージに立つ側としては実は初めてのラクーアとなったGEM。目の前を疾走していくジェットコースター(サンダードルフィン)に「あれ乗りたい!」と、瞳を輝かせて興味津々な様子をみせる。


そんなGEMのラクーアガーデンステージでのミニライブは、アルバム収録曲「Tears in the sky」からスタートし、武田舞彩の開始直後のとびきり可愛い「Fine!」でもおなじみ最新シングル曲「Fine! ~fly for the future~」、そして問答無用に盛り上がる「Can't Stop Loving」に、クラップの応酬と村上来渚のロングトーン、そして多幸感に溢れる「Do You Believe?」と続いた。

特にこの日のミラクルは、開始からしばらくは陽が陰っていた会場だったが、「Fine! ~fly for the future~」で<Good morning! 「Hello」 Sunshine>と歌い始めた途端に春の顔をした太陽が顔を出し、温かい日差しがステージに差し込んできたという、自然・天候を用いた演出効果。さらに「Can't Stop Loving」の冒頭<木漏れ日が降り注ぐ>のフレーズでも同様に日が差し込むなど、リリースイベントファイナルにふさわしい、ドラマや小説のような展開を見せていた。

ミニライブで手応えを掴んだのか、ラストのMCでは、リーダーの金澤有希が自分たちの名前をひとりでも多くの人に覚えて帰ってもらおうとアピールを試みる。

「私たちのグループ名は、アルファベットで……えーっと」

まさかのリーダーが自分たちのグループ名で言葉に詰まるという展開に集まったファンは騒然。関係者は爆笑。しかしここで南口奈々が「何回も言ってるから、みなさんも知っていただけてると思うんですよ。だから聞いてみよう。」と、機転を利かせて、集まった観客に答えを求めてみることに。観客からは「GEM!」という声は上がったものの、なんだか少し小さめ。そこで再度、金澤がグループ名をアピールする。

「私たちのグループ名はね、アルファベット3文字で、大文字でG・E・M。って書いて、『ジェム』っていうグループになっていますので、知らない方もジェム。ジェムです。ジェムです。ジェムです。ジェムです。もう、ジャムでもいいんで!」

その瞬間、メンバーからも観客からも「よくないわ!」と総ツッコミが入ったのであった。

なお、GEMは3月28日には新宿BLAZEにて定期公演<GEM Live Mixture 2016 ~3rd STAGE~>を開催。また5月8日には、武田舞彩のロサンゼルス留学前ラストのワンマンライブを品川ステラボールにて開催する。


text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)