5月11日にリリースされる家入レオのシングル「僕たちの未来」。ジャケット3形態(初回限定盤/完全生産限定盤/通常盤)のアートワークが解禁となった。

「『僕たちの未来』は、未来に向かってみんなと一緒に歩いていきたい、という想いで作りました。今まで内省的な歌詞を書いてきた私から、「僕たち」というこれまでとは違った温度の言葉が自然と出てきて。ジャケットでも、私のパーソナルな部分を届けられたらと思いました。アートディレクターさんとお話して、今回はトランポリンで飛びながら撮影しようと(笑)。なので、本当に躍動感のある、自然体な表情の私を切り取ったジャケットになっています。」── 家入レオ

さらに初回生産分のCDジャケットはすべてホログラム・ジャケット仕様になっているとのこと。またオフィシャルサイトでは、同時にカップリング収録楽曲のタイトルなども公開されている。



なお、そんな家入レオは、3月29日から3日間にわたって開催されている、<ZIP!春フェス2016>の初日公演に出演。新曲「僕たちの未来」をどこよりも先駆けて、この日の東京ドームシティホールに集まった約3000人のオーディエンスを前に初披露した。

この日の出演アーティストは家入のほかに、欅坂46、ソナーポケット、ダイスケ、超特急の計5組で、家入は4番目に登場。上下黒の出で立ちで登場した家入のステージは「Shine」からスタート。会場が熱い手拍子でひとつになった後、「春フェス楽しんでますか?次の曲は春フェスなのに夏の曲なんです。聞いてください。」と、ミディアムナンバー「君がくれた夏」を歌唱する。続いて披露された「Hello To The World」「サブリナ」の2曲では、家入が「一緒に歌って!!」とオーディエンスにマイクを向けながら熱唱すると、会場はホットな一体感に包まれた。

そして、「次が早くも最後の曲です。今日この場が初披露になります。4月スタートのドラマ『お迎えデス。』の主題歌にもなっています。聞いてください、『僕たちの未来』。」と話して、5月11日リリースの新曲をどこよりも先駆けて披露すると、会場に響き渡った歌声が、3000人のオーディエンスを釘づけにした。

なお新曲「僕たちの未来」は、3月30日より全国ラジオ局にて音源が解禁されていく。