ジョージ・マイケルは、自信を持つために1日5~6本のマリファナを吸っていると明かした。『Sunday Mirror』紙によると、ニュー・アルバム『Patience』の発売に合わせインタヴューに答えたジョージは、麻薬の常用癖だけでなくボーイフレンドとの“奔放な”関係についても大っぴらにしたという。

ジョージは、1,000万枚以上のセールスを上げた'87年のデビュー・アルバム『Faith』以来、成功し続けなくてはいけないというプレッシャーを抱えてきた。それに打ち勝つのにマリファナが役に立ったと話している。『Older』を発表した'96年には、1日18本のマリファナを吸っていたという。その後、数を減らしたものの、現在でも5~6本は吸っていると明かした。

彼は「マリファナは、自分はいいものを作っているという自信を持たせてくれる」と話した。

またジョージは、長年のパートナーであるケニー・グロスとの関係を「精神的には夫婦」だが、お互いに別の人物と寝ることもあるとも告白した。「3年も経つと、逃げ場が欲しくなるものだよ。相手がふしだらだってわかると、もっと面白くなる」

Ako Suzuki, London