逢瀬アキラの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!文学好きな母の影響で小説を好み、幼少から詞や小説を書き始め、高校在学中にコピーバンドを組んだことが音楽をするきっかけとなる。作詞作曲の楽しさを知ったアキラは、オリジナル曲をライヴで演奏するよう…

  • SUMMER SONIC
  • cero
  • envy
  • SOLSTAFIR
  • MACO
  • 吉田照美
  • 青SHUN学園
  • Metallica
  • The Beatles
  • マジペパ
  • LOUDNESS
  • V.A.(JAZZ&FUSION)
  • May J.
  • D'ERLANGER
  • Calvin Harris
  • 美空ひばり
  • ぼくのりりっくのぼうよみ
  • Bon Jovi
  • Queen
  • BABYMETAL

逢瀬アキラ:ニュース・最新情報

NEWS

逢瀬アキラ:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

文学好きな母の影響で小説を好み、幼少から詞や小説を書き始め、高校在学中にコピーバンドを組んだことが音楽をするきっかけとなる。作詞作曲の楽しさを知ったアキラは、オリジナル曲をライヴで演奏するようになり高校を卒業後、京都や大阪でバンド活動をスタート。上京し東京でギャルバンを組み話題を呼ぶが、惜しまれつつも1年後に解散。ソロシンガーソングライターとしての道を選ぶ。

彼女のステージはサポートメンバーやダンサー等を従えたショウ的要素を盛り込んだもので、東京を中心に展開、活動。他にもラジオパーソナリティとしての顔も持ち、レインボーFM『サタデーマニアックレディオ』でのメインパーソナリティをつとめ、ニコニコ生放送『乙女チックアキラジオ』も放送中と彼女の活動は多機にわたる。さらに音楽サイト“MROCKS9”でのコラム『赤い彗星の俺』も好評を得ている。また、自らも公言しているように“真のアニオタ”で、その手の話題には事欠かない。

『2.5次元ロックアーティスト』をキャッチフレーズに『歌って!魅せれて!笑えて!泣ける!』をテーマに活動してきたが、2014年9月24日、『BIND/Dancing 13th Baby』でデビュー。