Cheap Trickの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!ビートルズやザ・フーなどのブリティッシュに憧憬を抱き続けるシカゴの“パワーポップの元祖”。 '77年アルバム『チープ・トリック』でデビュー。当初のアメリカでの人気は今ひとつだったが、先に日本で大ブ…

  • フルカワユタカ
  • 真野恵里菜
  • 藍井エイル
  • コブクロ
  • BABYMETAL
  • MONGOL800
  • さんみゅ~
  • Queen
  • Asia
  • Versailles
  • Sting
  • Hilcrhyme
  • ざわちん
  • EXILE
  • KAMIJO
  • メトロノーム
  • 吉川友
  • 倖田來未
  • 高木里代子

Cheap Trick:ニュース・最新情報

NEWS

Cheap Trick:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

ビートルズやザ・フーなどのブリティッシュに憧憬を抱き続けるシカゴの“パワーポップの元祖”。

'77年アルバム『チープ・トリック』でデビュー。当初のアメリカでの人気は今ひとつだったが、先に日本で大ブレイク。かねてからのナイス・メロディでポップでストレートなロックンロールと、ロビン(vo)、トム(b)の美形コンビと、リック(g)、バーニー(ds)のお笑いコンビのコンビネーションが大ウケ。'78年には早くも武道館ライブを大成功させ日本のみでライヴアルバム『アット武道館』が発売されていたが、これがアメリカで逆輸入される形で全米トップ5の大ヒットとなり一躍人気グループに。

'80年代、トムの脱退で人気が低迷するも、トム復帰の'88年、シングル「永遠の愛の炎」が全米1位に輝いた。だが、そうしたヒットの数よりも彼らの場合、後続に及ぼした影響の方がより強く、それはLAメタルからグランジ、パワーポップにまで広く及んでいる。

5,000公演以上のライヴ、2,000万を超えるレコード・セールス、29のサウンドトラックに曲を提供、40以上の世界各国ゴールド&プラチナム・ディスク認定という実績を誇り、地元シカゴのNARAS(ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス)は2007年に彼らの音楽業界への貢献を称える栄誉を授与した。

2008年にはファッションブランドJohn Varvatosの広告キャンペーンに登場。1978年の『チープ・トリックat 武道館』となった公演など来日公演は14回。2016年「ロックの殿堂」入り。4月にBig Machine移籍第一弾となる7年ぶり17作目の新スタジオ・アルバムをリリース。


Cheap Trick:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET