Eric Claptonの最新情報は音楽総合サイトBARKSで! 1965年、ヤードバーズのギタリストとして、ライブ・アルバム『ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ』でデビューを飾るも、バンドがポップ路線に進むことを嫌って、すぐに脱退。 その後、ジョン・メイオール…

  • RICOH
  • MAN WITH A MISSION
  • アンジュルム
  • WORLD HAPPINESS
  • 藤岡幹大
  • 桐谷健太
  • Prophets of Rage
  • KEYTALK
  • Bryan Adams
  • [Alexandros]
  • Da-iCE
  • 山谷花純
  • ももいろクローバーZ
  • Motley Crue
  • Foo Fighters
  • 浦朋恵
  • fender
  • 浜田麻里
  • 04 Limited Sazabys
  • a-nation
  • EXILE THE SECOND
  • MEGADETH
  • Little Glee Monster
  • Underworld
  • THE YELLOW MONKEY
  • Whitesnake
  • Berryz工房
  • Bajune Tobeta

Eric Clapton:ニュース・最新情報

NEWS

Eric Clapton:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

 1965年、ヤードバーズのギタリストとして、ライブ・アルバム『ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ』でデビューを飾るも、バンドがポップ路線に進むことを嫌って、すぐに脱退。 その後、ジョン・メイオールのブルース・ブレイカーズを経て、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーとクリームを結成。『カラフル・クリーム』(''67年)、『クリームの素晴らしき世界』(''68年)などロック史に残る名盤を発表して、ハード・ロックの雛型を作り上げた。

 クリーム解散後、アメリカ南部音楽に接近したクラプトンはスティーヴ・ウィンウッドブラインド・フェイスを結成。アルバムを一枚発表後、すぐに解散。その後、デレク&ザ・ドミノスを経て、ソロ活動に入る。

 ''92年発表の『アンプラグド』は、その後のアンプラグド・ブームに火をつけると同時に、それまでのギター・ヒーローとは異なるイメージを印象づけ、以後、クラプトンは渋い大人のバラード・シンガーとして、より一般的な認知を得た。

Eric Clapton:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET

BARKSを運営するジャパンミュージックネットワーク株式会社は、事業拡大に伴い編集スタッフ・Webエンジニアを募集いたします