Natalie Coleの最新情報は音楽総合サイトBARKSで! Natalie Coleは、今は亡き偉大なシンガー、Nat "King" Coleの娘である。彼女はこれまで、2つの分野で成功を収めてきた。最初はR&Bの歌姫として大成功を収めたが、最近では洗練されたポップスのバラード歌…

  • コブクロ
  • アンジュルム
  • SHURE
  • 森友嵐士
  • Ultimate Ears
  • OLDCODEX
  • MisFiTs
  • FUJI ROCK FESTIVAL
  • Celine Dion
  • T-BOLAN
  • 伊藤ゆみ
  • グラミー賞
  • 森高千里
  • スピッツ
  • ワルキューレ
  • 矢沢永吉
  • Noble Audio
  • 聖飢魔II
  • MIYAVI
  • Sadie
  • V.A.(アニメーション)
  • Ne-Yo

Natalie Cole:ニュース・最新情報

NEWS

Natalie Cole:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

Natalie Coleは、今は亡き偉大なシンガー、Nat "King" Coleの娘である。彼女はこれまで、2つの分野で成功を収めてきた。最初はR&Bの歌姫として大成功を収めたが、最近では洗練されたポップスのバラード歌手としても高い評価を受けている。後者は一種の死んだ親の七光りによるものではないか、と皮肉な見方をする人もいるかもしれない。だが、彼女の人気を高めているのは決してノスタルジーのせいではない。

 Natlie Coleは''50年にロサンゼルスで生まれた。最初にステージデビューを飾ったのは11歳と早かったが、実際にシンガーとして人気を得るようになったのは、''70年代中頃にR&Bの分野で活躍するようになってからである。彼女は、まずプロデューサー/ソングライターのChuck JacksonとMarvin Yancyと手を組んだ。そして、その柔軟なヴォーカルスタイルと感情のこもった歌声で、3人は''75年から''77年の間に、5曲もR&Bチャートのナンバーワンの座に送り込むことに成功した(R&B以外の曲ではやや苦戦したが)。
 しかし、この組み合わせはあっという間に崩壊し、麻薬の問題もあって、Nataile Coleはスターの座から遠ざかってしまう。''80年代はほとんど平凡な内容の作品に終始し、やがて「あの人は今」的な扱いを受けるようになってしまった。

 しかし、''80年代後半になって、彼女は自らの生活を立て直し、見事なカムバックを果たす。最初のうちは''70年代と同じようなスタイルの音楽を歌っていたが、''97年に大きなチャンスがやってくる。最新のレコーディング技術を使って、亡くなった父親のNat "King" Coleと“Unforgettable”をデュエットしたシングルをリリースしたのだ。この後、彼女は再びスターの座に復帰、今では成熟したバラードシンガーとして、そして説得力あふれるスタンダードジャズ/ポップスシンガーとして、その鍛え抜かれた表現力豊かな声を響かせている。
 カムバックの方法はあざとさを感じさせるかもしれないが、彼女のたゆまぬ努力は彼女自身を支え、1人でも充分にやっていけるシンガーとして認識させる役割を果たしているのだ。

Natalie Cole:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET