Guns N' Rosesの最新情報は音楽総合サイトBARKSで! ''80年代末、Guns N'' Rosesはハードロックというものの様相を変えてしまった。それも恐るべきことに、本人たちには一切、その気なく。彼らの生々しい激しさ、ワルというイメージを究極まで描いてみせ…

  • Da-iCE
  • Britney Spears
  • 桑田佳祐
  • King Crimson
  • Bon Jovi
  • MTV
  • ONE OK ROCK
  • flumpool
  • 高橋優
  • Eric Clapton
  • 西野カナ
  • カナルワークス
  • 筋肉少女帯人間椅子
  • David Bowie
  • Sony
  • aiko
  • BOSS
  • BIGBANG
  • 椎名林檎

Guns N' Roses:ニュース・最新情報

NEWS

Guns N' Roses:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

 ''80年代末、Guns N'' Rosesはハードロックというものの様相を変えてしまった。それも恐るべきことに、本人たちには一切、その気なく。彼らの生々しい激しさ、ワルというイメージを究極まで描いてみせたストリート的な激しさを、当時、多くのロックバンドが良くも悪くも手に入れたいとやっきになったものだ。

 Guns N'' Rosesは''80年代半ばに、L.A. Gunsら、様々なハリウッドのバンド連中の燃えカスが寄り集まることで結成された。オリジナルのラインナップは、フロントマンのAxl Rose(本名Bill Bailey)、ギタリストのSlash(Saul Hudson)とIzzy Stradlin (Jeff Isabelle)、そしてベーシストMichael“Duff”McKaganとドラマーのSteven Adlerである。
 彼らは''86年にGeffenレコードと契約を結ぶ頃には、すでにパワフルなライヴ・パフォーマンスと烈火のごとき気性で評判になっており、''87年には初めてのフル・アルバム『Appetite For Destruction』もリリースされた。
 『Appetite For Destruction』はビルボードのチャートでナンバー1を獲得するまでに1年という月日を要したが、いったんそれを成し遂げてしまうと、もはやとどまるところを知らなかった。と同時に、もう誰も、何物も、バンドを止められなくなった。Slashが全国放送のテレビで四文字言葉を連発したかと思えば、AxlはAxlで、メンバー内に蔓延するドラッグ癖を暴露し、バンドを解散させるとファンをビビらせ(しかも、こともあろうにRolling Stonesの前座として登場したL.A. コロシアムの超満員の観衆の前で!)、まるで彼らはトラブルにつきまとわれているといった有様。
 Axl Roseは特にメディアに対して悪態をつくクセがあり、大騒動を巻き起こすのだが、結局メディアはそれを無視することができなかった。デビュー・アルバム、そして、続く『Use Your Illusion I』『Use Your IllusionII』の中で語られる退廃的なストーリーは、恐ろしいほどリアルだったが、曲の中で多々描かれているように、時折爆裂する彼らの心の痛みや感受性といったものもまた、リアルだったということなのだ。

 そんな不安定な連中がクラッシュを起こすのは、必然だったと言えるだろう。まず手始めは、Steven Adlerの解雇。ドラッグ癖を自分でコントロールできなかったことが原因だった。後任にはMatt Sorumが加入。Izzyは自らのソロプロジェクトIzzy Stradlin & The Ju Ju Houndsを結成するためにバンドを離れ、Gilby Clarkeがしばらくの間、その穴を埋めた。
 ''93年にMetallicaとのダブル・ヘッドラインでスタジアム・ツアーに出た頃には、すでにGuns N'' Rosesはピークを過ぎた、と言っても過言ではない存在になっていた。というのも、彼らのステージにはキーボーディスト2人にホーン・セクションまでが立ち並ぶ有様で、実際、何もかもが“やり過ぎ”だった。''91年以降、彼らは新曲を収録したアルバムなど出してもいないし、混乱が収まったようにも見えない。Gilby Clarkeはすでにバンドを去り、Matt Sorumもメンバーなのやら違うのやら、はっきりとしたことは誰にもわからない。Slashは''96年末にバンドを離れ、Nine Inch NailsのRobin Finckがその後任という噂もあったほど。それでもなお、G N''R(というか、その残党?)は、''97年にはニューアルバムをリリースすると約束していた。だが、ここで素朴な気持ちがひとつ。「ほんと~? まったくいったいどうなってんの?」

This Biography was written by Janiss Garza.

Guns N' Roses:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET

Guns N' Roses:プレゼント

PRESENT

BARKSを運営するジャパンミュージックネットワーク株式会社は、事業拡大に伴い編集スタッフ・Webエンジニアを募集いたします