Robert Plantの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!1948年生まれ、イギリス出身。 バンド・オブ・ジョイで活動していた1968年、スタジオ・セッションやヤードバーズで活動していたジミー・ペイジに誘われて新バンドに加入。ニュー・ヤードバーズとしてツア…

  • 植田真梨恵
  • LiSA
  • Genesis
  • MUCC(ムック)
  • GORILLAZ
  • 平井 堅
  • 佐藤タイジ/中津川 THE SOLAR BUDOKAN
  • 中島卓偉
  • エレファントカシマシ
  • miwa
  • VAMPS
  • AI
  • BiSH
  • fender
  • Ride
  • 和楽器バンド
  • EXILE
  • Peabo Bryson
  • TWICE
  • B'z

Robert Plant:ニュース・最新情報

NEWS

Robert Plant:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

1948年生まれ、イギリス出身。
バンド・オブ・ジョイで活動していた1968年、スタジオ・セッションやヤードバーズで活動していたジミー・ペイジに誘われて新バンドに加入。ニュー・ヤードバーズとしてツアーをまわった後、バンドは“レッド・ツェッペリン”と改名。

すでにプロとしての実績のあった他の3人のメンバーと異なり無名の存在だったロバート・プラントだったが、1969年にレッド・ツェッペリンの1stアルバムが発表されるとすぐに大きな注目を浴びた(なお、バンドは米アトランティック・レコードと契約し、イギリス本国よりも先にアメリカで1stアルバムが発売された)。

1980年に解散を迎えるまでロバート・プラントは、そのルックス、印象的なハイトーン・ボーカル、華のあるステージ・パフォーマンスなど、レッド・ツェッペリンのフロントマンとして観客を魅了し、ソング・ライターとしてもバンドに大きく貢献した。

1982年、初のソロ・アルバム『11時の肖像』を発表。その後、2ndソロ『プリンシプル・オブ・モーメンツ』(1983)、ハニー・ドリッパーズとして『ヴォリューム・ワン』(1984)、続いて3rdソロ『シェイクン・アンド・スタード』(1985)、4thソロ『ナウ・アンド・ゼン』(1988)、5thソロ『マニック・ネヴァーナ』(1990)とコンスタントに作品を発表。1994年には、ジミー・ペイジ&ロバート・プラントによる『ノー・クォーター』を発表、その後もコンスタントに作品を発表、精力的に活動を続けていく。

2007年に発表したアリソン・クラウスとのデュエット・アルバム『レイジング・サンド』は「アルバム・オブ・ザ・イヤー」を含むグラミー賞6部門を受賞し、大きな話題となった。同年11月26日、ロンドンのO2アリーナにて開催されるアーメット・アーティガン(アトランティック・レコード創設者)の追悼チャリティ・コンサートに参加という形で、レッド・ツェッペリンの再結成が実現、一大イベントとなった。