Robbie Williamsの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!アメリカの音楽ファンのほとんどは、Robbie Williamsがヒット曲“Millennium”でポップシーンに登場した新人だと思っているが、実はこのハンサムなシンガーは、'90年代に最も印象的な“カムバックを果たし…

  • JAM Project
  • HY
  • Hilcrhyme
  • LOVEBITES
  • Wiz Khalifa
  • FAKY
  • LEZARD
  • 小松未可子
  • ℃-ute
  • 三浦大知
  • Dr.Feelgood
  • John Wetton
  • fender
  • Li-sa-X
  • JINTAKA
  • Kalafina
  • MAN WITH A MISSION
  • スピッツ
  • Queen
  • 下野紘
  • 倖田來未

Robbie Williams:ニュース・最新情報

NEWS

Robbie Williams:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

アメリカの音楽ファンのほとんどは、Robbie Williamsがヒット曲“Millennium”でポップシーンに登場した新人だと思っているが、実はこのハンサムなシンガーは、'90年代に最も印象的な“カムバックを果たした少年”の1人である。

元メロドラマ俳優であり、イギリスのポップグループTake ThatのメンバーだったWilliamsは、いつも女の子たちの憧れの的として称賛に包まれていた――少なくとも母国イギリスにおいては。Take Thatはアメリカでは本格的にブレイクしなかったものの、その定石どおりのマネージメント・プランのおかげでイギリスでは驚くほどの人気を獲得。しかし、マーケティング主導で売り出されたティーン向けアイドルグループに、Williamsは自分の創造性が生かされない息苦しさを感じる。以前から事あるごとにマネージメントや他のメンバーと衝突し、グループの“反逆者”として知られていた彼だけに、'95年、Take Thatをいち早く脱退したのも不思議ではなかった(ある筋の話ではクビにされたとも言われている)。

大胆不敵にも超人気グループを離れ、ソロの道を切り開こうとしたWilliamsだったが、いざそのスタート地点に立ってみると、それは決してたやすい道ではなかった。彼が信用を獲得するために最初に試みたのは、モダンロックのスーパースターOasisの周りをうろうろすること。これは彼の音楽的実力にはほとんど役にたたず、ただGallagher兄弟によって、パーティとアルコール、ドラッグの嵐の中へ引っ張り込まれ、1年の大半を費やしてしまっただけだった。こうして元ティーンアイドルはゴシップ欄に登場し、以前のハンサムな彼とは程遠い、ぶくぶく太った姿をさらすようになる。加えて最初のシングルであるGeorge Michaelのカヴァー曲“Freedom '90”は、'96年に発売されたものの大失敗に終わった。というわけで決して前途有望なスタートとは言えなかったが、それでもWilliamsは一歩一歩前に進んでいこうと決意する。

運が向いてきたのは'97年になってからのこと。2ndシングル“Old Before I Die”と、ソロデビューアルバム『Life Through A Lens』の両方がイギリスで好成績を収める。世間の反応に刺激されたWilliamsは、翌年、2ndソロアルバム『I've Been Expecing You』をリリース。さらに自国での成功の勢いを借りて、アメリカ向けにスペシャルコンピレーションアルバム『The Ego Has Landed』を制作。アメリカでの成功に最後の望みをかけた。