Robbie Williamsの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!イングランド スタッフォードシャー ストーク・オン・トレント出身の男性ポップシンガー、シンガーソングライター。本名はロバート・ピーター・ウィリアムズ。 1991年、オーディションを経てポップグ…

  • スピッツ
  • =LOVE
  • Qyoto
  • 超特急
  • Da-iCE
  • VAMPS
  • MUCC(ムック)
  • wyse
  • Ariana Grande
  • LOUDNESS
  • Metallica
  • ムッシュかまやつ
  • One Direction
  • RIP SLYME
  • Iron Maiden
  • YAMAHA
  • BENNIE K
  • A Barking Dog Never Bites
  • SPYAIR
  • Bruno Mars
  • Slipknot
  • ET-KING
  • Eric Clapton
  • Little Glee Monster
  • 瀬川あやか

Robbie Williams:ニュース・最新情報

NEWS

Robbie Williams:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

イングランド スタッフォードシャー ストーク・オン・トレント出身の男性ポップシンガー、シンガーソングライター。本名はロバート・ピーター・ウィリアムズ。

1991年、オーディションを経てポップグループのTake Thatのメンバーとなる。Take Thatはアメリカでは本格的にブレイクしなかったものの、イギリスでは驚くほどの人気を獲得した。

1995年7月、自分の創造性が生かされない息苦しさを感じたロビーは、マネージャー、メンバーとの意見の相違により、Take Thatを脱退。1997年、ソロ活動を開始する。

2ndシングル“Old Before I Die”と、ソロデビューアルバム『Life Through A Lens』の両方がイギリスで好成績を収める。

2006年には、ワールドツアーのチケット160万枚を1日で売り切ったということで、ギネス認定されている。

2010年7月15日にロビーがTake Thatに復帰し、11月に5人でのニューアルバム『Progress』をリリース。

2011年10月に再び脱退し、ソロ活動へ。翌2012年11月、「Take The Crown」をリリース。このアルバムは英チャートで一位を獲得し、自身の作品では10度目の1位となった。

さらに、2013年11月に「SWINGS BOTH WAYS」、2016年11月に「THE HEAVY ENTERTAINMENT SHOW」をリリース。両作品とも英チャートで初登場1位を獲得している。

世代を代表するライヴ・パフォーマーとしての評価を固めた数々のツアーや単発イベント・ライヴを成功させ、驚異的な一連の特上ソロ・アルバムで、その地位を盤石なものにしている。