コブクロの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!メンバーは、小渕健太郎('77年3月13日生まれ、宮崎県出身)と黒田俊介('77年3月18日生まれ、大阪府出身)の2人。大阪は堺の商店街でストリート・ライヴを演り続けていた黒田俊介。彼の前へと現われた、卓越…

  • the HIATUS
  • Mick Jagger
  • BAND-MAID
  • 島村楽器
  • Britney Spears
  • D'ERLANGER
  • BUCK-TICK
  • モーニング娘。'16
  • 山内惠介
  • Usher
  • Underworld
  • 矢沢永吉
  • ℃-ute
  • 浜田省吾
  • GLAY
  • 氷室京介
  • STARDUST REVUE
  • 高橋優
  • Avicii

コブクロ:ニュース・最新情報

NEWS

コブクロ:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

メンバーは、小渕健太郎('77年3月13日生まれ、宮崎県出身)と黒田俊介('77年3月18日生まれ、大阪府出身)の2人。大阪は堺の商店街でストリート・ライヴを演り続けていた黒田俊介。彼の前へと現われた、卓越した表現力で歌う小渕健太郎。彼の才能に惚れた黒田が「一緒に演ろう」と話を持ちかけたことから、 '98年9月にコブクロは誕生した。

当初はカヴァー曲のみを演奏していた2人だったが、初めて作ったオリジナル曲「桜」が高い評判を集め、一気に動員が倍増。やがて、オリジナル作品を中心に唄うようになっていったコブクロ。

自作曲が増えるにつれ、ストリート・ライヴでの動員も日増しに増加。 '99年1月にはインディーズ盤という形を取りながら、1stアルバム『Saturday 8:PM』をリリース。いきなりインディーズ・チャートの1位を獲得。

2000年3月には2ndアルバム『Root of my mind』を発売。リリース記念として初のワンマン・ライヴを大阪バナナホールで実施。そのチケットは、なんと発売後30分で売り切れてしまったほど。

その後も、5月に大阪IMPホール、8月にはZEPP OSAKA 2days、そして、3rdアルバム『ANSWER』の発売を記念して12月に行った大阪厚生年金会館芸術ホールでの2 Days Live も、すべてソールド・アウト。そのパワーはついに関西という枠を大きく飛び越え、ついに全国規模へと拡大。そして 2001年3月、笹路正徳プロデュースの元、デビュー・シングル「YELL~エール~」をリリース。

同曲もまた、オリコン・チャート最高4位を獲得する大ヒットを記録。続く、シングル「轍 -わだち-」。メジャー第1弾アルバム『Roadmade』も、オリコン・チャートの6位に食い込むほど、世間に大きな話題とその心暖まるハートフル・ミュージックとでも言うべき音楽性を認知させ得たコブクロ。

9月には、渋谷公会堂のワンマンもソールド・アウト。そして11月、待望の最新シングル「YOU」をリリース。さらなる飛躍が期待される逸材達だ。

文●長澤智典(01/10/29

コブクロ:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET

コブクロ:プレゼント

PRESENT