KICK THE CAN CREWの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!1997年、それぞれソロ活動をしていた3人のMCによって結成されたHIP HOPグループ。 1997年に「タカオニ/カンケリ」でインディーズデビュー、2001年5月「スーパーオリジナル」でメジャーデビュー。 …

  • Robbie Williams
  • KISS
  • 奥 華子
  • 岩崎宏美
  • PIGGY BANKS
  • 浜崎あゆみ
  • 稲垣潤一
  • SEKAI NO OWARI
  • 布袋寅泰
  • THE BOHEMIANS
  • Justin Bieber
  • fender
  • Pharrell Williams
  • 中島卓偉
  • BOSS
  • エレファントカシマシ
  • Bon Jovi
  • VAMPS
  • Prince
  • DNCE

KICK THE CAN CREW

KICK THE CAN CREW:ニュース・最新情報

NEWS

KICK THE CAN CREW:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

1997年、それぞれソロ活動をしていた3人のMCによって結成されたHIP HOPグループ。

1997年に「タカオニ/カンケリ」でインディーズデビュー、2001年5月「スーパーオリジナル」でメジャーデビュー。

これまでに「クリスマス・イヴRap」「マルシェ」「アンバランス」「イツナロウバ」「sayonara sayonara」など数々のヒット曲を生み出している。セールスの面でも、デビューアルバム「VITALIZER」はオリコンウィークリーチャート初登場3位、ベストアルバム『BEST ALBUM 2001-2003』は初登場1位を獲得するなどの記録も残す。

活動は日本国内に留まらず、台湾親善大使を任命されたり、ニューヨークで開催されているヒップホップ界の最高峰アワード<THE SOURCE HIP HOP MUSIC AWARDS 2003>に日本人初ノミネートされるなどの活躍も見せる。

ライブ活動も精力的に行い、全国のクラブを中心にホールツアー、アリーナツアーなども開催。

だが人気絶頂の中、2004年6月に活動休止を発表。その後、イベントでの単発のサプライズ出演などはあったものの、メンバーはソロ活動に専念していたが突如<ROCK IN JAPAN FES 2014>への出場を発表。約11年ぶりの復活を果たす。同年には11年振りの単独公演も行った。以降も<908 FESTIVAL>、<OTONOKO(オトノコ)>などフェスへも登場するように。

2016年には<908 FESTIVAL SPECIAL!!「KICK THE NEW YEAR PARTY」>に出演し、はじめて3人が揃ってDJを行うなど新しい挑戦も行なっている。

日本において「HIP HOP」という新しいジャンルをメジャーにし、定着させた功績はデビュー当時から現在まで高く評価されている。

KICK THE CAN CREW:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET