アヴリルとのランチに170万円!

twitterツイート
先週行われたeBayのチャリティ・オークションで、カナダ出身の人気シンガー、アヴリル・ラヴィーンと食事ができる権利が、約1万6100ドル(約172万1200円)で落札されたとロイター通信などが伝えている。彼女とのランチを獲得したのは、ペンシルバニアで会社を経営するマーティン・モーリーさん。彼はこれまでにも幼い娘たちのためにたくさんのアイテムを買ったという。また、チャリティに毎年、数万ドル(数百万円)を寄付している。彼の2人の娘はすでにブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、マンディ・ムーアといったポップスターたちと会ったことがあるらしい。

モーリーは「……本当にクールだ。心臓が止まりそうだよ」とロイターに語った。

オークションの収益金はカリフォルニアの「前立腺ガン基金」に寄付される。前立腺ガンは米国で急増しており、ガンの死亡原因の中で2位を占める。最近では、ラモーンズのメンバー、ジョニー・ラモーン(G)が前立腺ガンを患っていると伝えられた。

アヴリルの最新作は『Under My Skin』。彼女は8月7日・8日に行われる夏の大イベント“SUMMER SONIC 04”に出演する。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報