宇多田ヒカル、映画出演陣が登場の「誰かの願いが叶うころ」をDVDでリリース

twitterツイート
映画「CASSHERN」のテーマソングとして話題となった宇多田ヒカルの「誰かの願いが叶うころ」が、DVDシングルとなって7/28にリリースされる。内容は、同曲のミュージックビデオとそのメイキングシーンだが、このビデオには宇多田はもちろん、映画「CASSHERN」の出演俳優である、寺尾聰、樋口可南子、及川光博、要潤の4人が出演。「CASSHERN」とまた違う別ヴァージョンが垣間見れる内容になっているようだ。監督は映画同様、宇多田ヒカルの夫である紀里谷和明。

このミュージックビデオは、映画「CASSHERN」がCGを多用した映像だったのに対し、スタジオに設置された手作りのセットで撮影され、全編モノクロで仕上げられている。“家族”がキーとなって展開される内容で、派手なシーンは一切ないが、役者陣の演技が光る映像となっている。

メイキングでは、紀里谷監督のインタヴューやスタッフたちの打ち合せシーン、ほかにも宇多田が真剣な眼差しで衣装を選ぶシーンなどがある。

アコ―スティックギターとピアノのシンプルなサウンドで、宇多田ヒカルのあらたなアーティスト面を見せつけたこの曲は、CDでオリコンチャート1位を獲得した作品。宇多田ヒカルのDVDシングルとしては「Wait & See~リスク~」「traveling」「COLORS」に続く4作目となる。そして、7/28には2004年2月に日本武道館で行なわれたライヴを収録した『Utada Hikaru in Budokan 2004 ヒカルの5』も同時発売される。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス