ザ・ヴァインズ、UKフェスティヴァルをキャンセル

ツイート
予想されていたことではあるが、ザ・ヴァインズが、来月のレディング・フェスティヴァルへの出演をキャンセルした。バンドは、メンバーが5月末にステージ上で口論、その後のツアーをキャンセルしていた。

スポークスマンは、フロントマン、クレイグ・ニコルスの体調不調を理由に挙げている。以下のような声明がNMEに発表された。「ザ・ヴァインズは、残念ながら今年のレディング・フェスティヴァルをキャンセルすることに決定しました。クレイグは心身ともに静養が必要な時期であり、バンドはインキュバスと行なう予定だったUSAツアーも中止しました」「2年前のレディングでのパフォーマンスは最高だったと記憶しているので、今回の決定は残念です。しかしながら、バンドはまだステージに上がる準備ができていません」

XFMオンラインによると、シドニーのショウで口論して以来、ベーシストのパトリック・マシューズはバンドを去ったままだという。マシューズは現在、シドニー出身のバンド、ユース・グループでプレイしていると言われている。

ザ・ヴァインズは、<FUJI ROCK FESTIVAL '04>への出演もキャンセルしている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報