アヴリル、C.シスターズほかサマーソング12曲に

twitterツイート
米有名雑誌『TIME』に掲載された“夏に聴きたいソング12曲”にアヴリル・ラヴィーン、シザー・シスターズ、ネリー、グレッチェン・ウィルソン、アッシャー、カウンティング・クロウズほかが選ばれた。

ポップス部門がアヴリル・ラヴィーンの「My Happy Ending」、シザー・シスターズの「Take Your Mama」、北欧出身のマリア・メナの「You're the Only One」の3曲。

ラップ部門が今夏に2枚同時リリース(米国)を予定しているネリーのニュー・アルバム『Sweat』から「Flap Your Wings」と、イギリス出身の3人組ミスティークの「Scandalous」。ネリーは過去に「Country Grammar」「Hot in Herre」といったサマー・ヒットを輩出している。

カントリー部門が米カントリーチャート1位を獲得したグレッチェン・ウィルソンの「Redneck Woman」と、フェイス・ヒルの夫で今年春のツアーが好調だったティム・マッグロウの「Live Like You Were Dyin'」の2曲。

このほか、R&B部門がアッシャーの「Confessions Part II」、アダルト/コンテンポラリー部門がカウンティング・クロウズの「Accidentally In Love」、オルタナティヴ/インディ部門がリロ・カイリーの「Portions For Foxes」、イングランドのロック・グループ、スノウ・パトロールの「Run」、ワシントン州出身のロックトリオ、モデスト・マウスのラヴソング「Float On」となっている。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報