アヴリル、またもやブリトニーを批判

ツイート
アヴリル・ラヴィーンが、またもやブリトニー・スピアーズにきつい一撃を。今度はブリトニーを「音楽の才能がなくセックスの対象」と批判した。

英国の女性向けマガジン・サイトfemalefirst.co.ukによると、アヴリルは、自分の成功は才能の賜物だが、ブリトニーの成功は身体を使ったものだと話したという。

アヴリルはこう語っている。「わたしは、パフォーマンス。彼女はエンターテイメントとセックス。セックス・シンボルになりたいのよ。セックスしてるフリしてるの」

女性ポップ・アーティストに対する辛口のコメントで有名なアヴリルだが、ジェシカ・シンプソンのことはお気に入りのようだ。アヴリルは、シンプソンをこう評している。「彼女のことは好き。一度会ったことがあるわ。恥かしがりやで、すっごくかわいかった。ファンになっちゃった。もし誰かになるっていうなら、彼女みたい見られたいわね」

アヴリルは、ブリトニーと違ってシンプソンの「地に足が着いた」ところが好きなのだという。彼女は名声に対してこう意見を述べた。「有名だからって、特別なわけでもないし他の人より上ってわけでもないわ。名声なんて冗談みたいなもの。スターは自分のことを重要視するのは止めるべきよ」

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報