マルーン5のドラマー、復帰を切望

twitterツイート
'02年に発表したアルバム『Songs About Jane』が大ヒットし、シングル「This Love」「Harder To Please」がロングセールスを誇る中、最近、来日が決定した米ロサンゼルス出身の注目バンド、マルーン5。肩の故障でドクターストップがかけられたメンバーのライアン・デューシック(Dr)が、先週、バンドのオフィシャルサイトで近況を伝えた。

デューシックは「……ドクターといっしょに肩の痛みの原因を探っている。……早く治してみんなに会いたい。バンドでプレイするのが待ちきれないんだ!」と語っている。

サイトのメッセージから推測すると、完全復帰にはしばらく時間がかかりそう。

マルーン5は現在、ジョン・メイヤーと北米ツアー中。デューシックの代わりにマット・フリンが参加している。7月21日はニューメキシコ州アルバカーキでコンサートが行われる。日本公演は9月29日、東京・渋谷公会堂からスタートする予定。また、ボーナストラックを追加したリパッケージ盤『ソングス・アバウト・ジェーン スペシャル・エディション』(日本盤)が7月21日にリリースされている。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報