ジェイ・Z、MTVアワードで最多6部門ノミネート

ツイート
'04年のMTVビデオ・ミュージック・アワードのノミネートが発表され、ジェイ・Zが「99 Problems」のビデオによって最多6部門にノミネートされた。

「99 Problems」は、すでに引退を表明しているジェイ・Zの最後のビデオであり、年間最優秀ビデオ賞(Video Of The Year)、最優秀男性ビデオ賞(Best Male Video)、最優秀ラップ・ビデオ賞(Best Rap Video)、最優秀監督賞(Best Direction In A Video)、最優秀編集賞(Best Editing In A Video)、最優秀撮影技術賞(Best Cinematography In A Video)の計6部門にノミネートされている。

続いてアウトキャスト、アッシャー、ビヨンセ、ノー・ダウトが5部門にノミネート。ほかに複数部門ノミネートされているヒップホップ/R&Bアーティストとしてはカニエ・ウェストが4部門、ブラック・アイド・ピーズが3部門、ミッシー・エリオットが2部門となっている。

そして、同アワードの最高の栄誉となる年間最優秀ビデオ賞(Video Of The Year)にはジェイ・Z以外に、アウトキャスト「Hey Ya!」、アッシャー「Yeah!」、ブリトニー・スピアーズ「Toxic」、D12「My Band」がノミネートし、同賞を争う。

なお、授賞式は8月29日にマイアミのアメリカン・エアライン・アリーナで行なわれる予定で、同アワードにとって初のニューヨーク、ロサアンゼルス以外での開催となる。また、授賞式の模様はMTVにて生中継され、アッシャー、カニエ・ウェスト、ジェシカ・シンプソンなどのライヴ・パフォーマンスも予定されている。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報