BLUE AGE ORCHESTRA、ピアノとヴォーカルだけの一発録りライヴでPV作成!

ツイート
シングル「永遠の木」でデビューし、良質ポップのメロディと甘い歌声、そしてちょっと(かなり?)不思議なプロモーションビデオで注目を浴びているBLUE AGE ORCHESTRA。

その不思議なプロモーション(詳細はこちら)とは別に、彼らの魅力を詰め込んだライヴヴァージョンのビデオもシューティングされた。

こちらは、レコーディングスタジオで撮影。新田雄一と光永泰一朗がスタジオに入ってくるシーンからスタートし、グランドピアノの前に座ると、新田がピアノを弾き、光永がヴォーカルをとる、といったシンプルなものだ。これを1台のカメラで一発録り。彼らの実力をぐっと感じられるライヴヴァージョンとなっている。

その「永遠の木~Piano Live Version 2004.7.17~」のビデオは下記で観られます!
https://www.barks.jp/watch/?id=1000001192
この記事をツイート

この記事の関連情報