mellowhead、意味深タイトルのアルバムについて語る!

ツイート
'02年3月のプレイグス活動“休暇”宣言以降、深沼元昭が自身のソロ・プロジェクトとして活動を行なってきたmellowheadが、7月22日にアルバム『Untitled』をリリースした。

これまでにインディーズで、シングル、ミニ・アルバム、フル・アルバムを1枚づつリリースし、本作の先行シングルとなる「Another day,another place」を6月23日に日本クラウンよりリリースしているが、深沼氏の弁によれば、ここへ来てようやく「mellowheadとして“こういう音楽をやっていこう”という最初の完成形ができた」のだそうだ。そうしたアルバムには、多彩なアーティストをゲストに迎えつつ、ロックやエレクトロニカなど、様々なジャンルの音楽を消化吸収してきた、mellowhead流の色とりどりの“ポップソング”が詰め込まれている。

そんなアルバムにともなうライヴが、東京と大阪で開催される。ほぼ深沼一人で作り上げた打ち込み中心の音源が、隆々としたバンド・サウンドで再生されるライヴは必見!

また、BARKSでは、意味深なアルバム・タイトルのこと、サウンド面に現われた変化のこと、もどかしさが絶妙な歌詞のことなど、気になるコトを深沼氏に訊いたインタヴュー映像を公開中。不可思議なPVと併せてご覧ください!

■mellowhead インタヴュー映像 >> 観る

<mellowhead ONE-MAN LIVE!!>
■9/1(水)Shibuya O-WEST op 19:00/st 19:30
■9/9(木)心斎橋 DROP op 19:00/st 19:30
【問】03-3379-0287 LAVAFLOW RECORDS
この記事をツイート

この記事の関連情報