ヨーロッパ再結成、ジョーイ&ジョンのロングインタビューPart.1

twitterツイート


黄金期のメンバーが満を持して再会し次の地平を目指した。
'80年代のヨーロッパを超えたギターアルバム
!   (Part.1)

ロック史上に残る'80年代の名曲「THE FINAL COWNTDOWN」から18年。
ヴォーカリスト、ジョーイ・テンペストを中心に、ギターにジョン・ノーラムを迎え、
ミック・ミカエリ、イアン・ホーグランド、ジョン・レヴィンという
全盛期のメンバーでヨーロッパが復活を遂げ、
9月22日にアルバム『START FROM THE DARK』をリリースする!

このページでは、ジョーイとジョンのロングインタヴューを一挙に公開!
再結成までのいきさつから、アルバム・レコーディング、
曲についての想いを熱ーく語ってもらった。
青春の魂を揺さぶった、あのヘヴィでメロディアスなサウンドが、21世紀になって、
どう進化して僕たちの前に姿を現わすのか!

このインタヴューでじっくり見極め、来年1月の来日に備えるべし!

>>>2/2 インタヴュー後半ページへ行く >>> ヨーロッパ特集トップへ戻る


NEW ALBUM 試聴もできます!

『START FROM THE DARK』
2004年9月22日発売
VICP-62832 \ 2,520(tax in)

01.GOT TO HAVE FAITH
02.START FROM THE DARK
03.FLAMES
04.HERO
05.WAKE UP CALL
06.REASON
07.SONG NO.12
08.ROLL WITH YOU
09.SUCKER
10.SPIRIT OF THE UNDERDOG
11.AMERICA
12.SETTLE FOR LOVE
13.SEVEN DOORS HOTEL(live)
14.WINGS OF TOMORROW(live)



↑ メッセージ

<<Present>>

ジョーイとジョンのサイン色紙を3名様にプレゼント!!!
応募は画像をクリック♪



──アルバムを完成させて、フェスティヴァルをまわっているんですね。バンドが再始動しているわけですが、現在どんな気分ですか?

ジョーイ・テンペスト(以下、ジョーイ): 昔からの友達とアルバムを完成させて、そしてファンにも会えて、ライヴのリアクションもすごくいいし、新曲をライヴで1曲だけやっているんだけど反応もいいし最高だよ。

ジョン・ノーラム(以下、ジョン): 最高だよ。またツアーに出るのが待ち遠しいし、新しいアルバムを俺達自身がとても気に入っているし、また日本に戻ってみんなの前でプレイするのが待ち遠しいよ。

──バンド活動休止以降の活動をざっと説明して。

ジョーイ: '92年にヨーロッパのラスト・ツアーをやったんだ。最後はイギリスだったと思う。それまで10年に渡って家を離れて世界中をツアーしていたので、ちょっと落ち着きたいなと思ったんだ。それでちょっとの間休みをとってソロ・アルバムを作ったり、新しい音楽に取り組んで、今までとは違うことをやってみたりしていた。イアン、ミックそしてジョンはグレン・ヒューズと一緒にプレイしたこともあったし、ここにいるジョン(・ノーラム)はアメリカに住んでいて、ソロ・アルバムを作っていたりしたんだけど、'99年ミレニアム・コンサートで久しぶりにみんなで集まってプレイしたんだ。

ジョン
: '87年に『Total Control』というソロ・アルバムを作ってツアーをヨーロッパで何回かやったんだ。'89年にLAに移って、ドン・ドッケンとライヴをやって一緒にアルバムを作りツアーに出たんだ。それ以降何枚かソロ・アルバムを作り続けて、そうだな今までで8枚のアルバムを作っているんだけど、それから何年か前にドッケンのアルバムにも参加した。だいたいそんなことかな

──ミレニアム・ライヴ以降、今回の再結成までの間の活動は?

ジョーイ: 俺は自分のソロ・アルバムを一枚作ったんだ。そしてその頃から他のメンバーと今回の再結成のことに関していろいろ電話で話し始めた。たまにはストックホルムでみんなで会ったりもして、ゆっくりと時間をかけてヨーロッパ再結成についていろいろなことを話し合っていったんだ。'02年にそうやって会うようになって、'03年にジョンと合流したんだ。彼はアメリカから、そして僕はロンドンから、全員がストックホルムに集合して飲みながらいろいろな話をした。そして「よし、やろう」ということになったんだよ。「また一緒に集まって真剣に音楽をやろう」とね。そして曲作りをしようということになって、ジョンがデモを俺に送ってくれて、それに歌をのせたら、これが素晴らしいものができあがったんだ。再結成するにあたっては新しいアルバムが必要だと思っていたし、昔の曲だけをやるような再結成にはしたくなかったからね。

──今回の再結成にあたって実際に口火をきったのはジョーイ?

ジョーイ
: いや、僕というよりはみんなかな。みんなそう思っていたんだ。俺がアイルランドに住んでいた頃にイアンとミックがやってきて、一緒にスタジオに入っていたんだけど、その時にそこからジョンに電話したことすらあったんだ。あれは確か'88年、'89年頃だったと思うんだけど……。いや、違うな、'98年頃だね。全員がやる気にはなっていたと思うんだけど、タイミングみたいなものを待っていたんだ。

──今回がそのタイミングだと思えたんですね。その一番の理由は?

ジョーイ
: '04年というのが自分達にとっては完璧なタイミングだったと思う。ソロ・アルバムも作り終わって、ミレニアム・ライヴ以降、メンバーとも会う機会を重ねていき、非常にいいフィーリングを得るようになってきた。過去を振り返っている暇はないな、という感じだったんだ。

──'80年代に大偉業を成し遂げた“ヨーロッパ”というバンド名を再び名乗るというのは、話題になるのと同時に非常に大きなプレッシャーにもなり得ると思うのですが、そのことに関してはどう?

ジョン
: プレッシャーは全くなかったよ。少なくとも僕はね。逆に自信を持っているくらいだよ。曲作りを終えてとても心地良かったし、やるべきことはこれだ、という感じがした。だからそういう意味でプレッシャーなんてないし、自分達がやっていることを充分に楽しめているし、そして、ファンがそれを喜んでくれたとしたらそれはボーナスだと思っている。'80年代でさえプレッシャーなんて感じなかったよ。ラジオでかかるような曲をやらなきゃとか、ヒットを出さなきゃ、といったようなプレッシャーを感じることもなかった。今、自分自身がミュージシャンとしても非常にいい状態にあるし、このバンドを今みんなが見てくれたら、このバンドの持っているマジックやケミストリーなんかを感じてもらえると思う。例えばエアロスミスやローリング・ストーンズといった大きなバンドが持っているケミストリーを感じてもらえると思う。

──アルバムの曲作りは、具体的にはいつ頃から始めたんですか?

ジョーイ
: '03年の夏に曲を作り始めたかな。ストックホルムに小さなスタジオを持っているので、そこに行って曲作りをして、それをロンドンの自分のスタジオに持ち帰ってそこで作業をしたり。行ったり来たりという感じでやっていたんだ。みんなで集まってリハーサルをやったり、ということもあった。だからこの期間からこの期間までというような、はっきりとしたものではなかったんだ。

──レコーディングの作業自体はいつから始めましたか?

ジョーイ: '04年の2月と3月だね。たったの5週間だったよね?

ジョン
: ベーシック・トラックは3週間で録り終わったよ。

ジョーイ
: そうだ、3週間だ。そしてまた別のスタジオに移って2週間作業を続けたんだ。

ジョン: その2週間はミキシングだったり、ソロで弾き終わってなかったものなんかをやったわけだからかなり早い時間で終わったんじゃないかと思う。例えばデフ・レパードなんかは4年もスタジオに入っているわけだから(笑)、それに比べて俺達はとても早くすべてのプロセスを終了できたと思う。

ジョーイ
: 40日だね。全てを40日で終わらせたんだ。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス