リル・キムのボディガードに懲役12年を宣告

ツイート
'01年にニューヨークのラジオ局、ホット97の前で起きた銃撃事件で、銃を発射したことを認めたリル・キムのボディガード、スイフ・ジャクソンに対して懲役12年の刑が言い渡されたと、SOHH.comなどが報じている。

アメリカ地方裁判所のジェラルド・リンチ判事によると、スイフ・ジャクソンは他に3件の暴行事件を含む、5件の有罪判決を受けていたため、懲役12年という重い罪を言い渡されたという。また、スイフ・ジャクソンは現在、別の事件で服役中であり、その刑期が終わる'06年8月7日より今回の刑が執行される。

この銃撃事件は元々はリル・キムとフォクシー・ブラウンとの間の確執が原因。フォクシー・ブラウンがカポン・アンド・ノリエガと共にリル・キムをディスする「Bang Bang」という曲を作ったことで、ラジオ局ホット97の前でリル・キムとカポン・アンド・ノリエガの双方の取り巻きが衝突し、スイフ・ジャクソンが少なくとも20発以上の銃弾を発射。カポン・アンド・ノリエガ側の取り巻きの一人が負傷した。

また、すでに報じられているように、リル・キムはこの事件に対する偽証罪に問われており、'05年2月に初公判が行なわれる予定である。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報