坂口憲二主演の新ドラマ主題歌を歌うAngelinaとは?

twitterツイート
10月5日からスタートする坂口憲二主演のフジテレビ系ドラマ『マザー&ラヴァー』(毎週火曜22:00~22:54)の主題歌に、Angelinaの3rdシングル「Sounds of Love~しあわせについて~」が起用されている。

Angelinaは、'03年12月にシングル「babybayboo」でデビューしたシンガー・ソングライターで、'82年1月25日生まれの22歳。L.A.にてスパニッシュ・アメリカンの父と日本人の母のもとに生まれ、少女時代は沖縄のアメリカン・スクールで過ごした後、アリゾナ州立大学ヒューマニティ科に進学。そこでクラスメイトだった元MEGADETHのギタリスト/MARTY FRIEDMANと意気投合して制作したデモテープがDJ KRUSHの耳にとまり、“Aletheuo(truthspeaking)”名義で彼の世界リリース作品にも参加、世界デビューも果たしている。

ときにエロティックに、ときに感傷的に、喜びも悲しみも、人の感情のすべてを含んだようなその歌声は、本作「Sounds of Love~しあわせについて~」でまた新たな魅力を湛えて響いている。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス