トラヴィス、今度はロンドンの街中で即興ライブ

ツイート
トラヴィスが10月14日の昼過ぎに、ロンドンのど真ん中、レスター・スクエアでアコースティックの即興ライブを行なった。現在、UK各地の小規模な会場でライブを行なっているバンドが、今ツアー中、こうして街中でパフォーマンスを行なうのは5回目のこととなる。

今回のロンドンの即興ライブでは、「Sing 」「Why Does It Always Rain On Me」などのヒット曲のほか、ブリトニー・スピアーズの「(Hit Me Baby)One More Time」も披露。シンガーのフラン・ヒーリィは、ブリトニーのカヴァーを演奏する前に「オリジナルよりいいよ。彼女みたいなダンスできないけどね」と話したという。

街中での即興ライブは、ホームレスの人々を支援する『Big Issue』の基金集めを目的としている。ヒーリィはこれまでに、1,000ポンド(およそ20万円)ほど集めたと説明。レスター・スクエアに集まった300人近いファンに更なる募金を求めた。

バンドはこの日、「Sing」「Driftwood」「Turn」「(Hit Me Baby) One More Time」「Flowers In The Window」「Why DoesIt Always Rain On Me」の6曲をパフォーマンスした。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報