音を出す理由が明確に、迷いなくできたアルバム『竜舌蘭』スペシャル・インタヴュー【2】

ツイート
 
new album
『竜舌蘭』
2004年10月27日発売
東芝EMI
TOCT-25489 ¥3,059(Tax in)

1. 赤い月に吠える夜
2. 青い亀裂
3. バイオレットの空
4. 二つの足音
5. 千日紅
6. くのいち
7. タクシー
8. 東京
9. うみのうま
10. 初秋
11. 考え事
12. 大人のひみつ

▼このCDを買うなら



──この新作を聴いて、すごく大人になったという感じがしたのですが、自分たちでもそう思いますか?

ユウ(中島優美/Vo&G): 分かりますね。変わったところもいっぱいあるし。今まで手探りだったことが、すごく明確に、迷いなくできた感じです。

──表現がタイトになり、シャープで贅肉がない感じなんですよね。


アッコ(浜田亜紀子/Vo&B): うわついてない感じですよね。音を出す理由が自分の中で明確になったというか。

──それぞれソロ活動をされてましたが、ユウさんの方はピアノやストリングスを使ったり、GO!GO!とはかなり違う感じでしたね。


ユウ: いろいろな楽器を入れてみたかったんですよね。GO!GO!ではできないようなことをやりたいと思っていて、曲自体もGO!GO!で作る曲と全然違ったし。

──アッコさんの方は、ロックなんだけどすごい女らしい感じで。

アッコ
: 女らしいってすごく言われるんですけど、意識してやったわけじゃなくて、そのときの一番自然な状態だったんですよね。“GO!GO!のアッコ”っていうイメージもなんとなく息苦しかったし。

──ユウさんはソロでは作詞していますが、今作では書いてないですよね?

ユウ: はい、書いてないです。

──そういう意味では、具体的にソロ活動のフィードバックは? 例えばソロで使っていた新しい楽器や打ち込みをGO!GO!に持ち込んだり……。

ユウ: 逆にシンプルになったと思いますね。多分、私のソロを聴いたら、次のGO!GO!はすごい派手にするんじゃないかと思った人もいたかもしれないんですけど。

──サウンド面より、精神面での影響の方が大きかったと…。

ユウ: そうですね。ソロをやってみてGO!GO!のシンプルさ、カッコよさを改めて実感して。3つの音へのこだわりとか、いろいろ考える機会になって、客観的にGO!GO!を見られたのは大きかったですね。

アッコ: 自分自身の表現方法が広がることで、いろんな方法があっていいんだと思えるようになりました。GO!GO!のあり方とか、その方法を受け入れることができたし、まだまだ可能性があるんだって思いました。

──ターキーさんは2人のレコーディングに関わられたわけですが、どうでしたか?

ターキー(Dr): 2人とも楽しそうにやってましたね。“こういうことがやりたかったんだな”っていう部分も見えたし。僕的にも他のミュージシャンと一緒にできたことで、すごく勉強になって、感謝してます。

──ソロが楽しそうに見えたというと、逆にGO!GO!のときはかなり真剣勝負で、力が入っちゃう面があったり?


ユウ: 無責任さはないですよね。GO!GO!をやってるときは責任感を感じてしまう。代表してギター/ヴォーカルをやってるんで。ソロだと良くも悪くも自分に返ってくる。

アッコ: 今までは“GO!GO!のアッコ”として“やらなきゃいけないこと”を、勝手にたくさん決めてたんですよ。「ライヴでは、私がMCしなきゃいけないんだ」みたいな。そういうのが積み重なって、どんどん楽しくやれなくなっていた。でも、ソロをやることで、“やっぱり私はバンドが好きなんだ”って、単純に音楽が楽しめるようになったんですよね。

この記事をツイート

この記事の関連情報