ブラック・アイド・ピーズ、リリース延期の理由は?

twitterツイート
今年中に発売予定であったブラック・アイド・ピーズのニュー・アルバム『Monkey Business』を、発売元のインタースコープ・レコードが来年にリリースを延期することに決定し、その理由は前作『Elephunk』が未だに売れ続けているからであるとSOHH.comが報じている。

ブラック・アイド・ピーズの通算4枚目となるアルバム『Monkey Business』だが、当初は今年11月中にリリースが予定されていた。しかし、'03年6月にリリースされた『Elephunk』は、200万枚以上のセールスとなるダブル・プラチナ・ディスクを獲得。発売後70週を経た現在でもコンスタントに週3万枚を売り上げており、新作を投入するには時期尚早との判断でリリースが延期された。

なお、すでに報じられてるように、今年8月には『Monkey Business』のレコーディングを行なっているスタジオにて火災が発生して、ブラック・アイド・ピーズは楽器やレコーディング機材を焼失するというトラブルに見舞われている。

K.Omae, LA
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報