S・ルカサー&N・ベッテンコート、自閉症児童を支援

twitterツイート
最新のRolling Stoneによれば、スティーヴ・ルカサーと共に来日を控えているヌーノ・ベッテンコートが先週、ロサンゼルスで開かれた自閉症の子供たちのための慈善コンサートに出演した。このコンサートは支援団体のAutism Coalitionと自閉症の子供たちにサーフィンを教える団体、Surfers Healingの資金を集めるのが目的のイベント。ベッテンコートはペリー・ファレルと共にジェーンズ・アディクションのカヴァー「Oceanside」を演奏した。イベントではまた、レッド・ホット・チリ・ペッパーズが「Out in LA」やラモーンズの「I Wanna Be Sedated」を含む30分のセットを行なっている。当日はロブ・ゾンビ、ピート・ヨーン、スーパーモデルのモリー・シムズらの姿もあった。

関連ニュースでは、エクストリームが8月のポルトガル(8月12日ニュース参照)に続き、9月に米国ボストンで開かれたイベントで再結成している。

一方のスティーヴ・ルカサーは日本公演のあと、パナマとメキシコでTOTOの25周年記念ツアーを行う予定。

スティーヴ・ルカサー&ヌーノ・ベッテンコートの来日ブルーノート公演は11月8日から20日まで東京・名古屋・福岡・大阪の各都市で開催される。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報