エルトン・ジョン、同性愛の恋人と結婚を決意

twitterツイート
エルトン・ジョンが、長年の恋人デヴィッド・ファニッシュと結婚することになったとドイツの週刊誌『Gala』で明かした。エルトンは、この決断を「これまでになくハッピー」だと述べている。

同性愛であることを公けにしてきたエルトンは、カナダ人のTVプロデューサーであるファニッシュ(40歳)と'93年から交際。カップルにはこれまでにも何回か結婚の噂が流れていたが、ファニッシュは今年初め「愛があるから紙切れ1枚にはこだわっていない」と、これを否定していた。しかし、57歳になったエルトンが「落ち着いた生活」を切望しており、今回の決断へと至ったようだ。

エルトンは、この喜びを同誌にこう話している。「日にちはまだ決まってない。大々的な挙式をするつもりもないよ。でも、結婚という形で自分の人生を彼の手に委ねたいんだ」ファニッシュは彼の「人生で最も大切な人」であり「彼無しでは生きられない」と続けた。英国、フランス、アメリカに邸宅を持つエルトンだが、式がどこで行なわれるかは明かしていない。

エルトンは'84年から4年ほど、スタジオ技術者の女性と結婚しており、今回が再婚となる。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報